メルカリで得たものは輸出転売で利益を得られるのか

ebay(イーベイ)とAmazo.jpで調べるのが基本形

ヤフオクよりも勢いがあると言われているフリマアプリ、メルカリ。
ストア出品が目立つようになってしまったヤフオクよりも断然良いとの声まであるメルカリですが、メルカリで安く購入したものを輸出しての転売は旨味はあるのでしょうか?

少々厳しい事情が待っている…

メルカリで安く購入して輸出転売。アイディアそのものは決して悪くはないかもしれませんが、現実的に考えると少々難しいでしょう。
なぜならメルカリに出品されているものは個人の出品がとても多いだけではなく、輸出して販売するとなると少々販売ルートの確保が求められるものが多いです。
例えば服や家具。メルカリには多数出品されていますし、中にはとても良い状態のものもあるのですが、現実的にそれらをどのような形で輸出するのか。
現地に伝手があるのか、或いはネットだけで完結させるのか。これによって少々事情も変わってくるでしょう。

品質面の責任

メルカリに出ているものは個人での出品が多いだけに、言い換えれば中古品ばかりです。
そして出品価格と程度は比例していますので、良い状態の物はどうしても高くなってしまいます。つまり、海外に輸出してクレームを受ける可能性もゼロではありません。
その際、自分だけで責任を取れるのかという問題も発生します。

目利きの問題ですが…

つまりは極論すれば目利きの問題です。メルカリにも稀にではありますが安くて状態の良い物もあります。
例えば急に引越しが決まったのでお金ではなく、すぐに処分したいとメルカリに出品している人も見かけます。程度の良い物を格安で手に入れるチャンスですが、そのような物であれば輸入して転売するのも良いでしょう。
ですがただ古いだけの物は難しいでしょう。我々が個人輸入出来るように、海外の人々とて個人輸入が可能なのです。気になる日本製品があれば個人輸入を行っている人は日本人以外にも世界中でたくさんいるのです。

まとめ

メルカリそのものは決して悪いサービスではありませんが、輸出転売で活用するとなると少々難しいと言わざるを得ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!