ヤフオクで落札して輸出転売は利益が出るのか

オークションサイトとしてもはや「国民的」と言っても過言ではない規模を誇るヤフオク。多くの人が親しんでいるのではないでしょうか。
様々な商品が出品されているだけに、それらを安く購入して輸出すれば利益が出るのでは…と考えている人もいるようですが、実際その方法で利益は得られるのでしょうか?

実情は…

残念ながらこれは少々難しいです。なぜなら、むしろその逆が多いのです。つまり、安く輸入したものをヤフオクで転売している人はとても多いのです。
ebayなどを活用すればわざわざ国外まで出向かなくても簡単に輸入出来ます。安く仕入れてヤフオクで高く売る。このスタイルで転売益を目指している人はとても多いのです。
なぜ多いのかといえば利益が狙えるからです。つまり、転売は輸出より輸入の方が手軽なのです。

どこに売るのかという問題

転売の際、輸入であればヤフオクなりメルカリなり売る場所はたくさんあります。ですが輸出の場合、どこで売るのかがとても大きな問題になります。
国外に輸出するとなれば送料とてかかります。日本人相手ではなく、異国の人間との商売になりますので日本人と同じ感覚では通用しないのです。
それらを考えると、海をまたぐ転売は輸出よりも輸入の方が利益を狙えるでしょう。まだまだ海外には掘り出し物がたくさんありますので、それらを上手く転売することで利益を狙えるのです。

まとめ

輸出は国内で物を手に入れるので仕入れは簡単なのですが売り捌くのが難しいです。国外の市場価値等が分からない以上、何が売れるのかを把握するのも難しいのではないでしょうか。
物を売る場合、売る人間のことも考慮するのは当然なだけに、やはり輸出よりも輸入の方が転売は行いやすいでしょう。輸入であれば売るのは日本人相手になりますので、日本人の気質、流行等が分かるので捌きやすいはずです。
余程の確信がない場合、輸出は控えた方が無難でしょう。ヤフオクで安く仕入れることが出来たら、輸出よりも国内で転売した方が利益は狙えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!