なぜ転売のイメージが悪いのか

複数アカウント作成によるサスペンド(重症)

転売は決して法律を犯すものではありません。ダフ屋行為を抜きにすれば、転売は決して法律的な面から悪ではありません。
そもそも転売が悪であれば、海外の商品を国内に輸入して販売している商社とてアウトですし、株式取引等もアウトです。ですが、なぜネットを活用した転売だけがあれこれ問題になるのでしょうか。

「楽をしている」とのイメージから

これに尽きるでしょう。例えば先に振れた海外から商品を輸入する商社。珍しい存在ではないのですが、それら商社に「転売は辞めろ」という声など聞こえてきません。
同じ転売行為なのになぜこのような違いがあるのか。その一つに「どれだけ苦労しているのか」というイメージがあるでしょう。インターネットを活用すればわざわざ現地に足を運ぶ必要などありません。それこそモニターを見ながら少し操作するだけで転売が可能です。
これに対して「楽にお金を稼ぎやがって!」という反感があるのでしょう。同じような理由で投資もあまり良いイメージを抱かれていないのですが、だからこそ転売を行うのであればなるべく「転売」だと悟られないような工夫も必要になるのです。

何が起こるか分からないのがインターネット

そのような反感など気にする必要はないと思う人もいるでしょう。決しておかしなことを行っている訳ではないだけに、反感など気にする必要はない。
ごもっともな意見ではあるのですが、転売の際、そのような反感を抱いている層がお客にもなるのです。お客にそっぽを向かれてしまっては利益どころではありません。
ましてやインターネット時代、転売も簡単になりましたが口コミの広がりもとても簡単に行われますので、「あの業者はおかしい」「なんかムカつく業者」とのイメージが付いてしまったら払拭するのは不可能に近いです。

まとめ

法に触れることではない一方、イメージの問題があるのも紛れもない事実。「別に悪いことをしている訳ではない」と開き直るのではなく、転売だと悟られない工夫が求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!