なぜ商社は良くて個人の輸入や輸出は悪いイメージを持たれるのか

海外で物を仕入れて国内で売る。もしくは国内の物を海外で売る。それぞれ利益を求めたもので決して悪いものではありません。
更にはそれらは今の時代はインターネットを駆使すれば誰もが簡単に行えます。かつてであれば海外まで足を運んで商社マンが血眼になって探して…なんて時代でしたが、今はインターネットさえあれば同じことが出来るのですが、なぜ商社マンのそれは良くて個人で行うとまるで悪いことをしているかのようなイメージを持たれてしまうのでしょうか。

「出る杭は打たれる」という国民性

日本は基本的に「出る杭は打たれる」「長い物には巻かれろ」という国民性です。個人でインターネットで輸出入を行う。決して特別なことではないのですが、インターネットをよく利用出来ない人や、そのような発想がない人にとっては「出る杭」に映るでしょう。
更に商社はいわば「長い物」です。そのため、商社に関しては何も言わないけど、でも個人で行っているとなれば反感を抱く。そのような国民性なのです。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」との言葉もあるように、日本では「何をしたのか」ではなく、「誰がしたのか」が問われます。
個人で行っているとなれば「また転売か!」となるのです。商社が行っていることとで基本的には転売なのですが、商社が行えば仕入れ。個人で行うと咎められる。ただそれだけです。

利益を得るためには…

それでも利益を得たいと思ったら、特に輸入して何かを売るのであればそのような国民性の人々を相手にしなければなりません。
そのため、まずはイメージ戦略も求められるでしょう。特に日本は「欧米からの評価」を気にします。そのため、欧米で売れている、欧米で評価されている物に対しては欲しますし叩きません。
この国民性を理解しておくと良いでしょう。

まとめ

個人で輸入や輸出を行う場合、イメージの部分で苦戦させられるかもしれません。
それだけに、信頼を得るまでには「欧米」というブランド力や、長い物に巻かれる日本の国民性を上手く利用すると良いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP