輸出の狙い目の探し方とは

輸出はなんでも良い訳ではありません。やはり転売同様、狙い目となるものもあります。そこで輸出の狙い目となるようなものは何があるのか。
探ってみるとしましょう。

国によって異なる事情

モノよりもまず国によってニーズが異なる点は把握しておかなければなりません。例えば日本では二極化の傾向が高まっています。安い物はとにかく安く。高い物は品質を備え、価格相応に価値のある物。需要の二極化が叫ばれていますが、では他の国はどうかといえば、日本とはまた事情が異なるのです。
それぞれの国によって文化等も異なるだけに、物を考えるよりもまずは輸出先の国民気質を考えておかなければならないのです。基本的に経済成長著しい国は消費も活発なのでそれなりに高い物を求めがちなのですが、先進国のように成長が落ち着いた段階の国の場合、消費は縮小傾向にあります。あまりお金を出したくない…と思っている人が多いだけに、安さが求められるようになるでしょう。

風土によっても異なる

また、輸出する際には国民の消費気質だけではなく、国土・風土も理解しておくと良いでしょう。分かりやすく言えば、寒い国に扇風機を輸出しても売れないでしょう。暑い国に暖房を輸出しても売れないでしょう。ですがこれらが逆、つまりは寒い国に暖房、暑い国に扇風機であれば売れる可能性も高まります。
この点では日本は四季の寒暖差が激しいため、暑さや寒さそれぞれに応じたものがあるだけに、後は相手国の風土等を考えれば需要を満たすことが出来ます。このように、輸出を考えるのであれば物よりもまずは相手国の風土等から考えるようにしましょう。

まとめ

輸出もまた、基本的には「物を売る」という行為です。物を売るためには買ってくれる人の需要を満たすことが求められます。当たり前ですが、求められていないものを輸出した所で売れるわけがありません。
「輸出」という言葉の裏にある基本的な需要と供給のバランスは忘れないようにしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP