ヤフオク! (ヤフーオークション) で輸入品を売るために考えるべきこと

仕入れ先をズラす

フリマアプリの台頭や手数料の増加などヤフオクは迷走しているとまで言われている一方、やはり利用者人口を考えると無視出来ない存在です。個人輸入で仕入れてヤフオクで捌いている人もいるかと思いますが、その場合、考えるべきことがいくつかあります。

ライバルが多い点

まず、ライバルが多いです。転売はインターネットさえあれば誰もが簡単に行えますし、個人輸入も実際に行ってみると分かりますが、一度目は少々面倒かもしれませんが慣れれば決して難しいものではありません。
そのため、ヤフオクを輸入転売の場として活用している個人・業者は多数います。そのため、同じような物を転売しているケースも多々あります。違う出品者なのに同じ写真で同じような価格…仕入れ元が同じな証拠と言っても良いでしょう。
それだけに、それらのライバルの中から選んでもらうための方法も考慮しなければなりません。

取引手数料の存在

ヤフオクはインターネットのサービスの中でも老舗と言っても良い程古いサービスになりました。そのため、様々な面でシステマチックになっています。
その姿勢が社会的な信頼を得ている部分でもあるのですが、一方では手数料などが高くなっているため、出品者側にとっては良い面ばかりではなくなってきているのも事実。

ヤフオクを一つのきっかけとする

輸入した物をヤフオクで売却するのではなく、一つのきっかけにと考えている業者もいます。
ヤフオクに出品しつつ、「気になる方はホームページまで来てください」といったように、あくまでもアクセスのきっかけにと考えている業者もいるのです。
ヤフオクで売れれば出品手数料を取られてしまいますが、上手く誘導して自社のホームページで購入してもらえれば手数料はかかりません。このような手法も一つの方法論として悪くはありません。
特にヤフオクの場合、利用者はそれなりにいますので、上手く誘導出来ればお金をかけずにアクセスアップが可能です。

まとめ

ヤフオクはオークションサイトですが、売買ではなく、きっかけとして活用するのもありです。
取引手数料がなければ販売価格も変わり、売れる可能性が高くなるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!