ヤフオク! (ヤフーオークション) で輸入品を売るために考えるべきこと

フリマアプリの台頭や手数料の増加などヤフオクは迷走しているとまで言われている一方、やはり利用者人口を考えると無視出来ない存在です。個人輸入で仕入れてヤフオクで捌いている人もいるかと思いますが、その場合、考えるべきことがいくつかあります。

ライバルが多い点

まず、ライバルが多いです。転売はインターネットさえあれば誰もが簡単に行えますし、個人輸入も実際に行ってみると分かりますが、一度目は少々面倒かもしれませんが慣れれば決して難しいものではありません。
そのため、ヤフオクを輸入転売の場として活用している個人・業者は多数います。そのため、同じような物を転売しているケースも多々あります。違う出品者なのに同じ写真で同じような価格…仕入れ元が同じな証拠と言っても良いでしょう。
それだけに、それらのライバルの中から選んでもらうための方法も考慮しなければなりません。

取引手数料の存在

ヤフオクはインターネットのサービスの中でも老舗と言っても良い程古いサービスになりました。そのため、様々な面でシステマチックになっています。
その姿勢が社会的な信頼を得ている部分でもあるのですが、一方では手数料などが高くなっているため、出品者側にとっては良い面ばかりではなくなってきているのも事実。

ヤフオクを一つのきっかけとする

輸入した物をヤフオクで売却するのではなく、一つのきっかけにと考えている業者もいます。
ヤフオクに出品しつつ、「気になる方はホームページまで来てください」といったように、あくまでもアクセスのきっかけにと考えている業者もいるのです。
ヤフオクで売れれば出品手数料を取られてしまいますが、上手く誘導して自社のホームページで購入してもらえれば手数料はかかりません。このような手法も一つの方法論として悪くはありません。
特にヤフオクの場合、利用者はそれなりにいますので、上手く誘導出来ればお金をかけずにアクセスアップが可能です。

まとめ

ヤフオクはオークションサイトですが、売買ではなく、きっかけとして活用するのもありです。
取引手数料がなければ販売価格も変わり、売れる可能性が高くなるかもしれませんよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です。号外広告の配信です。…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です。号外広告の配信です。…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP