スマートフォンの輸出入で気を付けなければならないこと

もはや我々の生活に於いてマストアイテムと言っても決して過言ではないスマートフォン。世の中のサービスがすべてスマートフォンに集約されつつありますが、それは国内だけではなく世界でも同様です。
そのため、世界中でスマートフォンが販売されてます。日本では販売されていないものもあれば、逆に日本でのみしか販売されていないものもありますので、スマートフォンの輸出入を…と考えている人もいるのではないでしょうか?

規格があるんです

スマートフォンには国に合わせた規格が存在しています。例えば日本国内では「技適」と呼ばれているものがあります。いわゆる技術適合ですが、技適を受けていないスマートフォンを輸入して販売した場合、罰則規定はないものの、wi-fi環境のみでしか使えないケースもあります。
技適に関しては様々な話があるのですが、スマートフォン時代に合わせて変更されていくことも予想されています。2017年3月現在、罰則はないのですが今後は分かりません。
それだけに、他の国で販売されているスマートフォンを輸出して転売をと思った時、技適も意識しておかなければならないでしょう。

輸出の場合は?

輸出の場合も同様です。その国によってそれぞれの規格があります。そのため、日本で販売されているスマートフォンを輸出して…と思っても、相手国の環境次第ではwi-fi環境のみでしか使えないケースもあるのです。
スマートフォンは世界的な需要があります。世界的に見るとSamsungとAppleの二強と言っても良いのですが、近年は中国メーカーの勢いが目立ってきています。それだけに、いろんな国のスマートフォンを…という気持ちがあるのも良く分かるのですが、現実的に使えない国もあるので気を付けましょう。

まとめ

身近でありつつ、需要が見込めるのでスマートフォンで輸入や輸出を…と考える人も多いかもしれませんが、そこにはただ単に「スマートフォン」としてだけではなく、国に合わせた通信許可等の問題も考えなければなりません。
後からあれこれクレームが付かないよう、輸出入を考えているのであればその点も考慮しておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. ナビゲーターの紙直樹です。まず最初に大事なご案内========…
  3. ナビゲーターの紙直樹です。日中、非常に大切なお話を…
  4. ナビゲーターの紙直樹です。昨日はLIVE WEBセミ…
  5. 紙です!==================…
  6. ナビゲーターの紙直樹です。昨日20時より、第3話…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP