スマートフォンの輸出入で気を付けなければならないこと

もはや我々の生活に於いてマストアイテムと言っても決して過言ではないスマートフォン。世の中のサービスがすべてスマートフォンに集約されつつありますが、それは国内だけではなく世界でも同様です。
そのため、世界中でスマートフォンが販売されてます。日本では販売されていないものもあれば、逆に日本でのみしか販売されていないものもありますので、スマートフォンの輸出入を…と考えている人もいるのではないでしょうか?

規格があるんです

スマートフォンには国に合わせた規格が存在しています。例えば日本国内では「技適」と呼ばれているものがあります。いわゆる技術適合ですが、技適を受けていないスマートフォンを輸入して販売した場合、罰則規定はないものの、wi-fi環境のみでしか使えないケースもあります。
技適に関しては様々な話があるのですが、スマートフォン時代に合わせて変更されていくことも予想されています。2017年3月現在、罰則はないのですが今後は分かりません。
それだけに、他の国で販売されているスマートフォンを輸出して転売をと思った時、技適も意識しておかなければならないでしょう。

輸出の場合は?

輸出の場合も同様です。その国によってそれぞれの規格があります。そのため、日本で販売されているスマートフォンを輸出して…と思っても、相手国の環境次第ではwi-fi環境のみでしか使えないケースもあるのです。
スマートフォンは世界的な需要があります。世界的に見るとSamsungとAppleの二強と言っても良いのですが、近年は中国メーカーの勢いが目立ってきています。それだけに、いろんな国のスマートフォンを…という気持ちがあるのも良く分かるのですが、現実的に使えない国もあるので気を付けましょう。

まとめ

身近でありつつ、需要が見込めるのでスマートフォンで輸入や輸出を…と考える人も多いかもしれませんが、そこにはただ単に「スマートフォン」としてだけではなく、国に合わせた通信許可等の問題も考えなければなりません。
後からあれこれクレームが付かないよう、輸出入を考えているのであればその点も考慮しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!