amazonにて輸出するなら持っておくべきものがある

フォーカスする場所が違う

amazonで商品を購入して輸出。インターネット時代であれば難易度も低く、それでいて多くの利益をもたらしてくれる手法とあって実践している人も多いのではないでしょうか。
方法論は多種多様かとは思いますが、実践するのであれば持っておくべきものがあります。

amazonカード

amazonが発行しているクレジットカードです。クレジットカードは様々な信販会社から発行されており、発行されている会社によって様々な特典が用意されています。「amazon」と銘打たれていることからも分かるように、amazonでの買い物で様々な特典を享受出来る点がamazonクレジットカードの最大の強みです。
例えば入会ボーナスとして2~3,000円分のポイントをゲット出来ます。更に、クレジットカードとして利用するのであればamazon以外の買い物でもポイント還元があります。その際は1.0%なのですが、amazonでの買い物であれば1.5%から2.0%の還元率を得られるのです。
つまり、輸出するための仕入れにもポイントが付きますので、使用すればするほど、様々な形でお得になることが分かるのではないでしょうか。

実質無料と考えてよいでしょう

amazonのクレジットカードの強みはポイント還元率だけではありません。実質無料の年会費も魅力の一つです。
初年度は無料なのですが、2年目以降は1,250円。ですが前年度に1回以上のクレジットカードのカード利用で無料になるのです。つまり、クレジットカードにありがちな「維持費」はかからないのです。
しかも付与単位は100円毎です。500円、1,000円ともなるとどうしても「取りこぼし」が出来てしまいますが、100円であれば99円未満以外はポイントになるのです。お得な理由も良く分かるのではないでしょうか。

まとめ

輸出となればどうしても相手国の事情ばかりを考えてしまいがちですが、amazonのクレジットカードを持っておくことによって輸出にかかる費用が更にお得になるのです。ぜひ覚えておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!