メルカリでの転売で気を付けることがある

フリマアプリとして多大な人気を集めるようになっているメルカリですが、メルカリを活用した転売の際、気を付けなければならないことがあります。
その点を把握していないと、メルカリでの転売は思ったような利益を上げられないでしょう。

仕入れに注意しましょう

メルカリでの転売の際、特に気を付けるのは購入、つまりは仕入れです。販売する際には特に気を付けることはないのですが、購入する際、メルカリでは平然と故障しているものを出している人間もいるのです。
「ノークレーム・ノーリターン」との言葉を付ける。そして「中古なので」と断りを入れる。そのため、実際に手元に届いた時に使えないとしても、どこで「それを承知で購入してもらったはずなので返金には応じません」とする出品者はとても多いのです。
配送の際のトラブルではなく、明らかに初めからなんだろうなと思っても相手は「出品時にそう明記してある」として取り付く島もないのです。
当然ですがそのような商品は転売しても利益になる訳がありません。

怪しい物には手を出さない

メルカリはマナーの悪い利用者が多いことでも知られています。提示している値段に対して嫌がらせかのような額での値引き交渉をしてきたり、あるいは前途のように故障しているにもかかわらずに出品したり。
すべてのユーザーがそうとは言いませんが、そのような出品者から物を購入したところで当たり前ですが利益など出ません。損失を計上するだけでしかありませんので、メルカリで転売を行う場合、特に仕入れをと考えているのであれば信頼出来る出品者なのかも確認しておかなければなりません。

まとめ

メルカリは様々な物があります。転売を考えている人にとっては宝の山かのように錯覚してしまいがちですが、トラブルの温床もあります。
そのような商品を間違って購入しないよう、細心の注意を払いましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. ナビゲーターの紙直樹です。昨日まで低価格スクールの募…
  3. 紙です!==================…
  4. 定期開催の無料セミナー10月枠を更新いたしました!6、10日は間も無く締め切りますよ…
  5. ナビゲーターの紙直樹です。昨日お伝えした通り、1…
  6. ナビゲーターの紙直樹です。キングギドラシステム…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP