輸入転売をする際、絶対チェックしなければならないポイントがあります

輸入しての転売。手法そのものはもはや珍しいものではありません。インターネットを活用すればわざわざ海外に足を運ぶ必要なく行えるので、実際に輸入品を転売している人は多いでしょう。
ですがその際、気を付けなければならないことがあります。
この点を考えないと思ったように利益を挙げられませんので気を付けましょう。

送料の問題

まずは送料です。どれだけ商品の価格が安くても送料がかかるようでは意味がありません。送料は輸入する際の弱点の一つです。
本体の価格そのものは物凄く安いものの、送料が上乗せされることを考えると安いどころか高い…となってしまうものも珍しくありません。特に日本は島国です。どこから輸入するにせよ、船や飛行機を活用しますのでどうしても送料は高くなってしまうのです。
価格だけで判断するのではなく、送料分も加算して計算するようにしましょう。

国民性の違い

日本人は世界的にみるととても繊細で約束を守る勤勉な民族と言われています。そのため、輸入する際日本の常識が通用しない側面があります。
例えば時間。日本であれば時間指定のサービスまであるように、すべての面できっちりしているのですが海外ではルーズです。発送が遅れることなど日常茶飯事なだけに、転売品を捌くのは手元に来てからの方が良いでしょう。迅速にと考えたいのも良く分かるのですが、転売先に安請け合いしてしまうと、結局期日が守られず、信用を損ねることになってしまいます。
「〇日に届けます」と、その日に届くのは日本程度なものです。その点はよく覚えておきましょう。

まとめ

転売の際、送料と配送日時もしっかりと計算しておきましょう。特に配送日時に関しては国内の配送環境に慣れていると信じられないレベルですが、日本国内のサービスのレベルが高いからこそ。
期日にヤキモキする事のないよう、余裕を持ったスケジューリングを行いましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP