有在庫と無在庫の割合

名称未設定-1

↑期間限定募集解放中!僕のノウハウを詰め込んでます↑

 

紙でございます!

153,200円の教材なのに今だけ無料!の↓が残すところあと2日ですよ!

http://goo.gl/PqekTK

 

さてさて、今回は質問で結構多いこの話題。

「有在庫と無在庫の割合について」です。

 

僕はあんまり気にした事ないんですけど、結構聞かれるんですよね。

 

その前にちょっと雑談ですが、今日冒頭に貼ってある「集中7日間講座」の最後の特典「無料相談」にて

大阪の商店街で洋服店を経営してる方とお話しました。

 

その方曰く、近隣に大型のスーパーなどができてから客足が減ってきていて

数年前から輸入ビジネスをサイドビジネスとして行ってる、とのこと。

 

実は僕の祖母も埼玉の北の方で僕がちっちゃい頃雑貨店を営んでて、

OPEN当時はそりゃ〜客が来て来て困っちゃった、くらいなもんだったそうです。

 

でも、お店のある通りからどんどん客が遠のいて今ではその商店街は「シャッター通り」と

呼ばれるほど閉店しちゃって、人もまばら。

 

最終的には祖母の店も閉店したんですね。

 

なので、ちょっと人ごとに思えなくて色々話し込んじゃいました^^;

 

まあ要するに集客大事ってことですね、一言。

祖母の店のくだりとか話してるとなが〜くなるんでやめておきますw

 

でも、今日スカイプしてた方もこの前お話した塾生の久高さんも

自分の本業に危機感を持ちつつちゃんと別の収益の柱を展開しようとしてるのはホント偉いですよね。

 

生き残る為に当然っちゃ当然ですけど、結構多くの人は「今自分にできること」でどうにかしようとするじゃないですか?

歳とればとる程に。

 

塾生の最年長、66歳の方は結構新しいことにチャレンジしてていつも「すげーな〜」と思います。

最近塾内で介護してくれる人探してますがwww

 

話脱線しまくりましたね。

 

本筋に戻りまして「有在庫と無在庫の割合について」ですが、

僕は大体半々な事が多いですかね。

 

時期によって7:3、3:7になることもありますが。

 

あまりそのバランスは考えてなくて、前にも言いましたが、僕は無在庫販売はリサーチの一つとして

捉えてます。

 

なので、無在庫でポポポーンと売れたものは「お!」となってロットで仕入れに行ったり

買い占めしたりメーカーから買ったりします。

 

でもそれって無在庫?有在庫?

難しい線引きじゃないですか?

 

なので、単純に経験上「あ、これは鉄板で売れるな」って物はあらかじめ仕入れを卸価格で決めておきますし

無在庫販売してるうえで回転するものは無在庫でいくつか売れた後に余分にまとめて仕入れます。

あと、「あ〜、これ売れるかな〜、、どうだろ。。でも今日まで問屋のセールだしな〜。」っていう場合や

「これ多分プレ値付くんだよな〜。。押さえるかな〜。。」みたいな時は大体GOしてますねw

 

っていう感じで有在庫にしてるんであんまり割合は常に動きますね。

 

PS.

今日僕が昨年11月から入ってるコミュニティの昨年のブラックフライデーに一緒にアメリカ行った仲間から

ほぼ同じタイミングで連絡がありました。

アメリカ行ってから半年ですが皆それぞれのステージであの時より成長してるな〜、というのが伺えて

うれしくもあり刺激にもなりました。

こういうコミュニティや塾の横のつながりってホントに大事ですよね。

しみじみ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP