転売で儲かるものは輸入品が多い事実

転売で儲けている人は多々いるのですが、その際、有力な仕入先となっているのが言うまでもなく海外です。
海外からの輸入は多くの人に利益を運んでいるのですが、輸入品の中でも特に高く転売出来るものをいくつかリストアップしてみるとしましょう。

アパレル

興味がある人が多いだけに、売れます。
但し気を付ける点があります。それは転売する際にはどうしてもタグなどを管理しなければなりません。そのまま発送してしまい、評価等で「転売ヤーでした」などと書かれてしまっては後々響きます。
アパレルは興味を持たれるものである一方、興味を持つ人が多いだけにいろいろなお客がいます。気を付けましょう。

時計

こちらもまた、転売では売れるものです。海外には決してブランド品ではないものの、格好良いものが多数あります。それらの時計を輸入して転売することで大きな利益を得ている人もいます。
特に時計の場合、格好良いものは人気があります。ブランドにこだわらず、格好良い時計を探している人は案外多いのです。コレクターにとって、良い時計は魅力的なものです。
ましてや日本国内で売られていないものであればいくら出しても良いので欲しいと思う人も珍しくはありません。

アパレルに分類されるかもしれませんが、靴もまた、輸入に於ける売れ筋アイテムと言って良いでしょう。
なぜなら靴もまた、海外の物の方が格好良いものが多いのです。そして靴は「足元を見る」との言葉もあるように、こだわっている人が多いので「海外の良い物」にはお金を出す人も多いのです。

まとめ

輸入は転売には有用ですが、では実際に何を輸入するのか。良く分からない人も多いかもしれませんが、これらの品目にこだわって輸入してみてはいかがでしょう?
もちろんこれらも漠然としたものではありますが、自分の得意ジャンルや転売の実績を積み重ねる毎に、売れるものと売れないものの違いも見えてくるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP