転売で儲かるものは輸入品が多い事実

転売で儲けている人は多々いるのですが、その際、有力な仕入先となっているのが言うまでもなく海外です。
海外からの輸入は多くの人に利益を運んでいるのですが、輸入品の中でも特に高く転売出来るものをいくつかリストアップしてみるとしましょう。

アパレル

興味がある人が多いだけに、売れます。
但し気を付ける点があります。それは転売する際にはどうしてもタグなどを管理しなければなりません。そのまま発送してしまい、評価等で「転売ヤーでした」などと書かれてしまっては後々響きます。
アパレルは興味を持たれるものである一方、興味を持つ人が多いだけにいろいろなお客がいます。気を付けましょう。

時計

こちらもまた、転売では売れるものです。海外には決してブランド品ではないものの、格好良いものが多数あります。それらの時計を輸入して転売することで大きな利益を得ている人もいます。
特に時計の場合、格好良いものは人気があります。ブランドにこだわらず、格好良い時計を探している人は案外多いのです。コレクターにとって、良い時計は魅力的なものです。
ましてや日本国内で売られていないものであればいくら出しても良いので欲しいと思う人も珍しくはありません。

アパレルに分類されるかもしれませんが、靴もまた、輸入に於ける売れ筋アイテムと言って良いでしょう。
なぜなら靴もまた、海外の物の方が格好良いものが多いのです。そして靴は「足元を見る」との言葉もあるように、こだわっている人が多いので「海外の良い物」にはお金を出す人も多いのです。

まとめ

輸入は転売には有用ですが、では実際に何を輸入するのか。良く分からない人も多いかもしれませんが、これらの品目にこだわって輸入してみてはいかがでしょう?
もちろんこれらも漠然としたものではありますが、自分の得意ジャンルや転売の実績を積み重ねる毎に、売れるものと売れないものの違いも見えてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!