運送業者のおかげで転売の事情が変わる可能性がある

転売の際、一つのポイントとなるのが送料です。インターネットを駆使した転売の場合、顧客の場所など関係ありません。誰に対しても販売出来る一方、ではその商品を渡そうと思ったらどうしても運送しなければなりません。
そこで活用するのが運送業者ですが、運送業者が悲鳴を上げているのをご存知でしょうか?

人手不足のおかげで…

国内は少子高齢化もあり、どの産業でも人手不足が顕著となってきているのですが、その影響が色濃いと言われているのが運送業界です。
更には時間指定など労働の細分化もあり、ドライバーの人手不足が顕著なのです。大手運送業者、ヤマト運輸では運送料の値上げも視野に入れているとのこと。
当然ですがこれは転売を行っている人にとっては決して他人事ではありません。
ヤマト運輸が送料を値上げすれば、当然ですが他の運送業者とて運送料を上げるのは確実視されています。
他の運送業とて同じ事情を抱えていますし、更には現在の値段は競争原理が働いており、どの業者も「他の運送業者が安いからこの額にしている」なのです。
つまり、ヤマトが値上げすれば今の運送料を維持する理由はないのです。

転売にも影響が出るでしょう

もちろん転売にも影響は出ます。
転売に限らずインターネットで物を購入する際、実際の商品の料金はそこまで高くはないので購入しようかなと思っても送料と合算するとそこまで魅力的ではない…といったものもあるでしょう。
利益になるラインが変わってきますので、送料を左右する運送会社の動向には注視しておくべきです。

まとめ

もちろん今すぐ急に値上がりするものではありませんが、いつどのような形で変化するのかはまだまだ分かりません。予断を許さないものですので、「他人事」だとは思わず、ニュース等には注意を払っておくべきです。
ともすればビジネススタイルそのものを変更しなければならないケースも出てくるかもしれないのですから。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================…
PAGE TOP