輸入品を転売する意外なメリット

転売の際、輸入はとても大きな武器になるものです。国内では販売されていない物です。多くの人にとって興味をそそられるものになるのですが、意外なメリットも隠されているだけに、転売の際に輸入をと考えるのは決して悪い話ではないのです。

心理的な働き

輸入した物を転売する際のメリットの一つに心理的なものが挙げられます。一体何を意味しているのかといえば、日本人心理として「欧米崇拝」とまでは言いませんが、「欧米から評価されている物は良い物」といった風潮があります。
欧米から認められると素晴らしい。欧米で流行っている物はセンスが良い…。価値基準の一つに「欧米からどのように見られているのか」があります。
つまり、「欧米から仕入れている」というだけで「おっ」「良いものだ」と感じる人がとても多いのです。
かつて欧米まで足を運ぶのが困難な時代であれば欧米から仕入れをと思ったらとても難しいものでした。ですが今のご時世は欧米だけでしか販売されていないものでも個人輸入出来ます。つまりは転売も可能なのです。

ブランディングにもなる

欧米からの輸入による転売を行っていると、「欧米に強い業者」とのイメージを与えることも出来ます。中国から仕入れている業者よりも欧米から仕入れている業者の方がどこかイメージが良いものです。
物を売る際、商品そのものの魅力だけではなく、「どのような業者なのか」もまた、とても大切です。「欧米から仕入れている」となれば、相手に対して「お洒落な業者」「センスの良い業者」とのイメージを与えられます。
更にそれらのイメージが強まれば「この業者なら間違いない」にまで至るのです。転売の際、何を扱うのかはとても大切ですが、欧米からの輸入の場合、商品だけではなくブランディングまで可能なのです。

まとめ

転売に限らず、商品を購入する際にはブランディングがとても大切になるのは言うまでもありません。欧米からの輸入はブランディングも可能なので欧米から輸入するのであれば大々的にアピールしてみると良いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. ナビゲーターの紙直樹です。昨日まで低価格スクールの募…
  3. 紙です!==================…
  4. 定期開催の無料セミナー10月枠を更新いたしました!6、10日は間も無く締め切りますよ…
  5. ナビゲーターの紙直樹です。昨日お伝えした通り、1…
  6. ナビゲーターの紙直樹です。キングギドラシステム…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP