副業で転売を行う際の狙い目といえば?

転売の良いところは本業としてだけではなく、軽い副業感覚でも行える点にあります。パソコンはおろかスマートフォンさえあれば誰もが簡単に副業を行える時代です。
本業としてじっくりと取り組むのも良いですし、空いた時間だけ軽い気持ちで取り組むのも良いでしょう。ですが副業で転売をと思った時、ネックとなるのは時間です。
本業で転売を行っている人と比べるとどうしても時間が少ないので闇雲に手を出すよりも、利益になりやすいものに手を出した方が効率は高くなります。

副業の転売で狙い目のアイテムといえば

副業の転売で狙い目のアイテムは、アイテムというよりもやはり無店舗での転売です。楽天とYahoo!でamazonでの転売が禁止されることになってしまいましたが、それでもまだまだ無店舗での転売は魅力です。
不良在庫を抱える必要がない点やスマートフォンだけでも十分に完結出来る点を考えるとリスクがありません。物を購入してからの転売の場合、仮にですが売れなければ赤字です。
転売を始めたころは、まずは黒字を目指すべきです。赤字になってしまうようでは意味がありませんので、理屈として「絶対に」赤字にならない無店舗転売が良いでしょう。

無店舗転売の利点はノーリスク

他で販売されているものを購入前に転売する。無店舗での転売は何よりノーリスクです。購入者が現れないとしても決して赤字にはなりませんのでリスクにはなりません。
手間は無駄になってしまうかもしれませんが、そもそも手間もそこまでかかるものではありませんし、更にはこれらを繰り返していくうちに、売れる物と売れない物の区別、つまりは転売屋としての経験値も蓄えられるのです。
ビジネスでは失敗と共に大きくなっていくものですが、無店舗転売であればノーリスクで経験値を得られます。
時間がないだけではなく、出来ればお金をかけたくないのも副業組の特徴なのではないでしょうか。無店舗での転売は副業での転売にうってつけと言っても過言ではないのです。

まとめ

空いた時間にスマートフォンの操作だけで出来ますので、出勤時間に少し操作することで利益のチャンスを伺える点もメリットなので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP