イタチごっこに疲れた方へ

内輪で数名に聞いてみましたが

 

「グサグサ刺さりました」

 

という方も数名。

 

 

僕自身が苦労したり、多くの人を

見てきてるので大体わかるんです。

 

 

さて、僕がビジネス始めた時って

 

「無在庫」ってあんまり聞かない手法でした。

 

 

「リサーチして在庫を持って出品」

 

 

というのがほとんどでしたね。

 

ところが今では無在庫の方が主流。

 

 

当然みんなリスクを負いたくないですから

この流れは普通ですよね。

 

 

無在庫を1度でも経験したことある人は

 

 

「イタチごっこ」

 

 

状態にハマった事あると思います。

 

価格をちょい下げして出品したら

数秒後にはさらに下の価格で付いてこられ、

 

ちょっと売れるいい感じのものを発見したら

数分後にはもう価格を下げてマネされてる。

 

 

「ウザ。。。。」

 

 

そう思いますよね?

 

超、わかります。笑

 

 

ebayとかのセラーの中には

英語のタイトルの後ろに日本語で

 

 

「パクるんじゃねーぞ」

 

 

なんて付けてる人も。

 

よーーーく気持ちはわかりますが、

考えてみてください。

 

 

あなたも誰かのマネをしてますよね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

そうやって1日一体何万人の人が

誰かのマネをして価格をちょい下げして

最終的にはほとんど利益が取れない商品になって

誰も得しない形になります。

 

一般的な企業の判断力があれば

 

「あまりにも価格競争すると

誰も得しなくなる」

 

とわかるもんですが、

 

 

お小遣い稼ぎとかで5万10万稼ぐような人だと

そこまで気が回りません。

 

だから僕が転売ステージだった頃は

 

 

「真似しようと思ってもなかなかできない」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「やってる事バラしても別に平気」

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

という状態を意識してました。

 

 

じゃないと疲れるんです。

 

イタチごっこ状態って。

 

 

「自分も誰かのマネしてるから」

とわかってはいても自分の売れ筋マネされると

「うぜーーー!」ってなりますし。笑

 

 

結論これって、どうすりゃいいのかというと

 

 

「回転も」

「利益率も」

 

 

高く、

 

 

「真似されにくい」

「競争力ある」

 

 

商材を扱うしかありません。

 

 

「んなの当たり前だろー!」

 

 

って思いますよね。笑

 

その辺については明日お話ししますね!

 

3商品で利益200万円とかいう人も

いるんで、そのあたりをメインにと

思っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!