転売は善か悪か!?

転売に関しては何かと話題になっています。ライブやコンサートチケットの転売、更にはふるさと納税の贈答品の転売等、オークションのおかげで転売は簡単に行えるようになった一方で、転売行為そのものへの非難が高まっています。

法律的には問題なし

転売は法律的には何ら問題ありません。転売がこれだけ騒がれているのは、いわば感情論でもあります。特にライブやコンサートチケットの場合、本当は足を運びたかった人がチケットを取れず、やむを得ず高額を出さざるを得ない。
このような状況となっているので転売行為そのものへの嫌悪感が出ていますし、アーティストが転売対策を行うケースも増えてきました。
ですが感情論抜きにすれば、転売行為そのものはいわばどこででも見られるものです。
海外で安い物を見つけて国内で売って利益を得ている商社や、安い時に購入して高い時に売って利益になる為替・株式取引もいわば転売の一種です。

なぜ感情論が起きているのか

なぜここまで感情論が巻き起こっているのかといえば、転売を行う人が増えているからに他なりません。
かつて転売を行おうと思ったらそれ相応の伝手・人脈・行動力が必要でした。ですがインターネットの発達のおかげで、スマートフォンを操作するだけでも転売が出来る時代です。
それだけに、転売を行っている人間への憎悪が膨らんでいるのでしょう。

今後の転売

転売に関しては、販売店側が規制する動きが見えてきています。コンサートやライブチケットの場合、購入者本人でなければ入場出来なかったリ、更には入場時には本人確認を行ったり。
それだけに、今後も今まで同様転売が行えるのかは未知数です。ですが、世の中には需要と供給の原理も働いているだけに、転売を成功させるためには情報収集も鍵を握っています。

まとめ

対策が行われている。だから辞めようと考える人もいれば、対策の更に上を行くかのような転売をと考えている人もいます。
現状、法律的には悪ではありませんし、そもそも転売を法的に禁止するとなれば、先に挙げたように商社とて営業出来なくなります。そのため、法規制が入る可能性は低いものの、アーティストや販売店が独自に対策を行うようにはなるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP