楽天で転売商品を仕入れする旨味

ebay(イーベイ)海外ネットオークションで評価を稼ぐ(増やす)ためにすべきこと

国内ショッピングモールとしては大手でもある楽天。ネット上に様々なコンテンツを抱える楽天なだけに、ショッピングモールにも様々な企業が出展しています。
それだけに、転売にも活用出来るのではないかとの声もありますが、楽天での転売のメリットとデメリットを見てみましょう。

ポイントや期間限定・時間限定セールは魅力です

楽天でも様々な商品が販売されていますが、楽天で商品を購入すれば楽天ポイントが付与されます。転売益だけではなく、ポイントまで自分のものになるのはメリットです。
特に楽天ポイントはネット空間だけではなく、楽天グループの巨大化に伴い様々な所で活用出来る便利な物となっているだけに、常日頃から楽天関連のサービスのお世話になっている人にとっては魅力的な部分でしょう。
また、楽天でも期間限定セールを行います。そこで安く仕入れて他で売れば転売も可能です。

基本的に、そこまで安くはない

楽天は期間限定セールを上手く駆使すれば転売にも活用出来るのですが、普段の価格設定は決して安いとは言い切れない額です。
また、ショップの場合レギュラー商品ばかりになりますので、思わぬ利益を運んでくれるような商品があまりないのです。楽天ポイントを持っている人にとってはポイントの付与は魅力ですが、そもそも転売が成功する商品があるのかという点から考えなければならないのです。
そのため、転売を成功させるためには他のコンテンツ以上に目利きが問われることになるでしょう。

仕入れ先としては…

仮にですが転売が可能な物を見つけたとすれば楽天では大量に購入出来るだけに、楽になります。一点ものではなく、いわばレギュラー商品で、自分だけが見つけて転売を成功させた。
このようなシチュエーションであれば楽天では以降も商品の入荷が可能なだけに「安定した仕入れ」が可能になりますが、果たしてそのような商品を見つけられるのかという問題もあるでしょう。

まとめ

楽天は便利ではありますが、転売に活用しようと思ったら細かく商品をチェックし、転売が可能な物を見極める力が求められます。その点では転売に多くの時間を割ける人以外にはあまり向いていないコンテンツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!