小売り→小売りで満足してる人には嫌な内容かも。。。

紙です。

 

==================

 

LINE@で不定期に限定情報お届け中!

 

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。

→ http://line.me/ti/p/%40cnd5037j

PCの方は @kaminaoki で検索してください。

 

==================

 

 

今日の話はちょっと初心者向けではないです。

 

当たり前の話ではあるんですが、

ちょっと小難しく感じる方には申し訳ない。

 

 

とにかく僕のここ半年のテーマとして

 

「初心者・稼げてない人を引き上げる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というのがあります。

 

 

単純に一番層が広いですし。

 

 

なので、今年入ってから

 

・初心者向け無料セミナー

・初心者が簡単にできるビジネス

 

何かを定期的に紹介してきましたね。

 

 

最初はやっぱ何といっても

「小売り→小売り」の転売が簡単です。

 

国内にしても国を跨ぐにしても。

 

 

それもできなければどんなビジネスも

できないので、最初はやっぱそれです。

 

 

問題は10万円~くらいある程度利益出した人。

 

 

ここで停滞してる人が

ひじょーーーーに多いです。

 

 

あるいは数字を落としちゃう人。

 

 

転売で稼いで、

同じノリで毎月過ごすとそういう事になります。

 

 

僕は数字を落としたこととかあんまりないので

気持が100%わかりません。

 

また、そういった停滞する人や

数字を落とす人も日々一生懸命ではあるんです。

 

 

今日はそういう方が

 

・なぜ停滞・数字を落とすのか?

・どうすればいいのか?

 

という点についてお伝えします。

 

 

まず、誰もが週休5日のお金も時間も自由な生活を

望むのになぜ2年、3年と同じステージで停滞したり

数字を落としてしまうのか?

 

 

それは

 

 

・日々の数字を守る業務ボリュームが増える

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・次のステップが何なのか明確ではない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・悪い意味で手堅く攻める

~~~~~~~~~~~~

 

 

該当する人の傾向や声をまとめると

こんな感じでしょう。

 

 

まずこちら、

 

・日々の数字を守る業務ボリュームが増える

 

 

単純に10万、20万と利益が

出るようになると、売り上げベースで言うと

50万、100万くらいになりますから

雑務的な事が増えます。

 

外注化したとしても

外注さんとのやり取りは初期の頃は特に

結構頻繁なのでそれはそれで時間を取られます。

 

 

副業の人は特に、時間が限られますから

利益が出だすと「日々の雑務」を終わらすと

もう寝る時間、なんてこともあると思います。

 

 

そうやって忙殺されていくうちに、

自分の基準値がそこで決まってしまい

その先に行くことをあんまり考えなくなってきます。

 

 

これが危険なケースその1ですね。

 

 

そして、

 

・次のステップが何なのか明確ではない

 

 

多分転売の先のステージとして

 

・情報発信

・卸

・ネットショップ

 

なんてのがボヤーっとは誰もが

考えると思います。

 

 

しかし、転売は今日初めて明日結果が出ることが

珍しくないですが、上記3つはそうはいきません。

 

結構な仕込みをして徐々に結果が出てくる。

 

 

右肩上がりに上がるというより、

3か月くらい利益0かもしれないけど、

ハマり出すと一気に突き抜けるという

急角度の二次曲線を描くことになります。

 

 

要するに

 

・精神

・体力

・キャッシュ

 

色々な面で「我慢」を要します。

 

まあ本来ビジネスは転売みたいにすぐ結果が出る方が

珍しいんですが、ネットビジネスになれるとその辺

麻痺しますよね^^;

 

 

それだけ時間を割く以上、

方向性を間違うと大変です。

 

ある程度仕込みがかかるからこそ最短で

進めなければなりません。

 

 

そして、これらの次のステップとして

一体何をやったらいいか?

 

というのがなんとなくしかわからないんですね。

 

 

更に今利益が立ってる転売があるから

すぐに結果が出ないものを後回しにしがちなんです。

 

これが悪循環の始まり。

 

 

すぐ結果が出るものはマネされやすいです。

 

長くは持ちません。

 

 

だから次をとっとと仕掛けないといけないんですが、

今この瞬間は利益あがってるから危機感が沸かないんですね。

 

「転売を仕組化してから次へ」

 

と考えるでしょう。

 

 

僕もそうでした。

 

でも、プラットホームはしょっちゅうルール変えるので

仕組化しても対応しなきゃいけないことが

次々出てきます。

 

 

そうそう想像するような「オールフリー」には

ならない訳ですね。

 

 

次のステップを明確にして

やるべきことをも明確にすることが大事です。

 

 

最後にこれ、

 

・悪い意味で手堅く攻める

 

 

これホント、僕も無意識にやっちゃいます。

数字がある程度作れるようになると

余計に「今の延長線上」で攻めようとします。

 

「失敗してでも攻める」という意識が少なくなるんです。

 

 

最初は失うものなどないですから

思いっきり攻めれますが、守る数字ができると

小さくまとまっちゃったりします。

 

 

 

「じゃあ結局どうしたらいいの!?」

 

 

という部分が気になると思いますが、

これは正解はありません。

 

ただ、「攻める意識」を常に持たないと

一瞬で今ある収益も失うと思った方がいいです。

 

 

常に「次のステップ」

 

 

「まだ早いだろ」って自分が思うくらいのタイミングで

初めてちょうどいいくらいです。

 

 

2~3年前に30万くらい利益出てて

今も変わらない人とか見てるとしんどそうで

可哀そうな気持ちになります。

 

が、その人がそういう決断してきたわけですから

しゃーない訳ではあるんですが。

 

 

「自分にも今日の話当てはまる!」

 

 

と思った方は今この瞬間から次のステップを

意識しましょうね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!