海外オークションebay(イーベイ) 輸出 新defect rateについて外注さんに周知の仕方

時間で成果が出たebay・amazon輸出(イーベイ アマゾン)
blogb

↑期間限定公開中!登録はお早めに↑

 

紙です。

もうおそらく外注化までしてる方は
新defect rateについて外注さんに指示をしたことと思います。

(え?まだだって?早くやりましょう!笑)

こういう時生真面目に「変更点はまず評価が換算されなくなり(以下略)」
みたいな説明をする方がおります。

外注さんが知りたいのはそんなことでは無いんですね、悲しいことに。

外注さんが知りたいのは「つまるところ私の業務はどう変わるの?」
って部分、それだけです。

でも、雇ってる側のあなたが欲しいのは「結果」だけですよね?

僕のセミナー参加した方にはお伝えしてますが、
その隔たりは基本的に無くなりはしません。

ですから、(中にはスーパーマン的な人もいますが)
「defect rateが悪くならないように意識して行動すべし!」
では何も変わらないんです。

やるべき事は1つ。

「細分化する」事ですね。

誰かに仕事をお願いする時の順番はいつも一緒。

今回の事例で言えば

大項目:defect rateが大幅に変更になりました。変更になった部分は○○と××。
中項目:これまでは○○だったけど、今後は××のように会社として動く必要があります。
小項目:従って●●さんは××の変更が、■■さんは△△のように業務内容が変更されます。
小項目2:イレギュラーとして○○と××のようなことが予想されるので、その場合には■■のように対処しましょう。

こんな感じですね。

あとは、予期せぬイレギュラーが出て来たら共有してスプレッドシートなどにしっかり残しておく事が重要です。

大丈夫かとは思いますが、上記の 大→小 の運びでの考え方は何にでも当てはまるので
その流れを意識して外注さんに周知してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!