転売する時には画像にもこだわろう

インターネットを駆使した転売の際、何を売るのかが大きなテーマですが、売る物以上に大切なことがあるのをご存知でしょうか。
それは画像です。どのような画像を使うかによって利益がまったく異なると言っても過言ではありません。

購入者心理を考えましょう

転売であれどのような形であれ、インターネット上で何かを売る場合、購入者は画像だけで判断しなければなりません。余程欲しい気持ちがある人であれば別ですが、大多数はなんとなく画像を見ているのです。
その層に「良いかも」「見ていたら欲しくなってきた」と思わせることも大切です。その際、自分が物を購入する時のことを考えてみて下さい。画像も少なく説明文も短い。これでは本当に良い物であっても買おうという気にならないのではないでしょうか?
気になる部分の画像を用意し、文章も正確にニーズを伝えてくれている。年式、サイズ、製造者といった購入者が知りたい情報を明記している出品物は購入者とて安心出来ます。

使いまわしの画像は控えよう

自分で撮影するくらいならメーカーの公式ホームページの画像から拝借した方が…と考える人も多いのですが、これは得策ではありません。
なぜなら「転売なんだな」とすぐに露呈するからです。そもそも商品そのものの画像ではないだけに、購入者としても「実物の写真を知りたい」と思うのです。
確かに同じではあっても、利用者としては細かい傷はないのか。質感はどのようなものなのかが気になっているのです。手間がかかるからと公式ホームページの画像を使うのは、お客よりも自分のことを優先しているとも言えます。
購入者は画像からしか情報を判断出来ないのです。転売で成功している人々は画像への配慮は半端ではありません。例え同じ商品であっても、画像が多くて知りたい情報が多く掲載されている出品者の方が安心出来ると考えるのが消費者心理です。求められるのはセンスではなく誠実さです。

まとめ

転売はあくまでも購入者に買ってもらってこそ利益を得られるものです。自分の都合ばかりを考えるのではなく、購入者心理を考えましょう。
自分の出品ページを見て欲しいと思えるのか。自分自身ではなかなか客観的には判断出来ませんので、友人や知人等に何となく見せてみるのも良いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!それでは時間となりましたので、&nb…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報配信中!スマ…
PAGE TOP