転売は得意分野を作っておこう

転売はただ闇雲に行うよりも自分自身の「得意分野」とも言うべきジャンルを作っておいた方が良いでしょう。その理由は多々あります。

得意分野を作っておいた方が良い理由

得意分野があった方が良い理由として、色々な物に手を出すよりも相場を見極めやすい点にあります。転売で利益を挙げられるかは仕入れ値よりも高く売ることですが、どれだけの価格で売れるのかは相場が影響しているのは言うまでもありません。
ですが相場は少し見ただけで分かるものではなく、じっくりとチェックしておいた方が良いのです。相場は常に変動していると言っても過言ではありません。それだけに、相場の変化に気付かなければ損をする可能性も高いのです。あれこれ手を広げ過ぎると、相場の情報収集が間に合わず、古い相場の情報にて転売活動を行うことになり、結果、利益が遠のくのです。

情報収集という点からも大切

得意分野を絞っておいた方が、そのジャンルの情報だけを集めれば良いので情報収集も効率よく行えます。
仮にですが、いろいろな物を使っている場合、すべての品目に於いて周辺の情報を調べなければなりません。情報収集だけでもそれなりに手間がかかりますので、情報を集めるだけで手いっぱいになってしまう可能性もあります。
ですがジャンルを絞っておけば、そのジャンルの情報だけで良いので、情報の変化にも敏感に対応出来るでしょう。上級者であれば情報収集のコツも掴めてくるかと思いますので扱いジャンルを増やし手も良いのですが、初心者の場合、まずは特定のジャンルのみにした方が無難です。

まとめ

転売ではどこで仕入れるのかや、タイミングなど嗅覚も大切ではありますが、基本は情報収集です。ですがいくら簡単に行えるとはいえ、手間がかかるのも一つの事実。そのため、まずは自分の興味のあるジャンルでの情報収集から行った方が良いでしょう。
興味があれば情報収集そのものが苦痛ではないはずです。まったく興味のないものより、もう一歩踏み込んだ情報収集も可能になりますし。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP