Amazon(アマゾン)を活用するなら他国の状況も知っておこう

amazonを上手く活用して輸出をする。スマートフォン等、インターネット環境を使えば難しいことではありませんが、輸出するのであれば輸出する側の国のことも覚えておきましょう。

日本の現状

日本は世界を代表する経済大国ですが、かつてほど周りの国と比べてアドバンテージがある訳ではありません。経済圏としては大国なのですが、国民の平均所得や平均消費といった「一人当たり」の数字に目を移すと、実はそこまで世界的に優位にある訳ではないのです。
日本は消費税を導入してからの20年、デフレに悩まされています。ですがその間も世界は成長を続けてきたのです。この20年、世界各国で平均所得が高まっていますが、減っているのは日本だけです。
つまり、かつてのように「日本の高級品なら問答無用で売れる」時代ではなくなりましたし、「発展途上国に行けば為替格差によって楽出来る」でもなくなっているのです。それらを当て込んで、「簡単に利益が出るんじゃないか」と考えているとすればしっぺ返しを食らうでしょう。

見極める目です

何が売れるのか。それを見極める目が大切になってきます。それこそ20年前であれば「日本製」「日本から輸出」と聞けば、それだけで様々な人が購入してくれたでしょう。当時はまだまだ日本製品ほどのクオリティを出せるものはありませんでした。
ですが現代社会は違います。例えばスマートフォン。日本メーカーの方が珍しいレベルとなってしまっていますが、これはスマートフォンに限った話ではありません。
パソコン、テレビといったかつて日本メーカーが世界を席巻した電化製品の数々も、今では他の国の物の方が売れているのです。
それだけに、何が利益をもたらしてくれるのかは結局は見る目が問われるのです。

まとめ

日本は国民総生産はまだまだ世界上位です。それもそのはず、人口が多いからです。
但し、一人当たりの所得となるともはや世界トップクラスではありません。その点を踏まえ「日本の物なら売れる」と思ったら大間違いですし「日本製なら喜ばれるだろう」という気持ちも勘違いでしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!