100円均一の商品が転売出来るらしい?

100円均一、いわゆる「100均」と呼ばれているお店には基本的には100円の商品しかありません。格安なだけではなく、近年は商品のバリエーションや品質など「これも100円なの!?」と思われるようなものも多数あるのですが、それらが転売に活用できると評判なのです。

全部が全部ではありません

もちろん100均の商品すべてが転売出来る訳ではありません。あくまでも「ごく一部」です。ごく一部の100均の商品は100円で入手出来るのが信じられないようなものもあります。
また、100均はビジネスモデルとして単品で利益を挙げようと考えるのではなく、あくまでもお店全体で利益を考えます。そのため、原価は一定していないのです。あくまでも「質より量」、つまりは薄利多売のシステムなのですが、中には質の良い物もあります。

100均の流通ルート

100均は自社で開発している製品もあれば、倒産した会社等から格安で仕入れて販売しているケースもあります。見方を変えれば転売そのものですが、つまりは本来100円ではまず入手出来ないような物まで入手出来る可能性もあるのです。
それだけに、「本来100円では手に入らないようなもの」を見繕えば転売も可能でしょう。仕入れ額は100円なだけに、仮に売れなくても大きなダメージにはなりませんので、一度どのようなものなのか試してみるのも良いかもしれません。

なぜ売れるのか

なぜ100均の物が売れるのか。単純に「100均で買えば良い」と思うかもしれませんが、100均で売られている商品は店舗によって異なります。
また、地域によっても異なるでしょう。例えば転売されている物を見て「これ100均じゃん」とすぐに気付く人もいれば、全然気づかない人とているでしょう。規模の小さい100均しかないエリアの人にとっては、まさか質の高い物が100均の物だとは思いもしないでしょう。

まとめ

100均に関しても転売で利益をと思ったら何が売れ筋なのかや、どういったものが求められるのかなど、自分自身の見る目が問われるのは言うまでもありません。
ですがもしもですが売れるものを見極めることが出来れば、「安定供給」も可能なだけに、試してみる価値はあるかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP