輸出や輸入でどうしても無視出来ないのが為替です

ネットを活用すれば個人輸入や輸出は特に難しいものではありません。むしろとても簡単に行えるものです。ですが、その際どうしても考慮しなければならないのが為替です。

為替は変動する

為替といえば投資を連想するかもしれませんが、為替は日本円と他の国の通貨の交換レートです。様々な判断材料から決まるものですが、輸出するにせよ輸入するにせよ、為替は意識しておかなければならない部分です。
個人輸入程度であればそこまで…と思うかもしれません。ですが個人輸入であっても他の国の通貨を活用する以上、為替は無視出来ません。
そもそも為替が変動すれば仕入れ値とて変わりますし、売却額さえ変わります。1ドル120円の時と1ドル100円の時。さすがにこれだけの違いがあれば差も大きくなるのは仕方ありませんが、ここまでではなくとも扱い件数が多くなればなるほど、僅かな為替レートの違いが大きな差となるのです。

タイミングを考える

基本的に意識すべきはドルです。世界三大基軸通貨の一つとも言われているドルはアメリカだけではなく、他の国でもいわば一つの指標です。余談ですが、中国と日本の貿易でも仲介という形でドルが使われています。
そこで、ドル建ての口座を持っておくのも一つの手です。ドル建てで口座にプールしておく。そして円安傾向の時に円に変える。為替が少々異なるだけで自分自身の努力が吹き飛ぶレベルの違いが出ると言っても過言ではありません。
取引の都度円に変えていると、円高の時にはなかなか利益になりませんよ。

まとめ

日本で生活を送っているだけであれば為替などそこまで意識しなければならないものではないでしょう。
ですが輸入にせよ輸出にせよ、いわば「他国と関わる」ことを意味していますので、どうしても為替も意識しなければならない問題です。
特に直接利益に関わる部分なだけに、常日頃からある程度為替レートくらいはチェックしておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP