TPPはamazon(アマゾン)と関係があるのか

トランプ大統領に就任し、TPPからの離脱を表明したアメリカ。日本国内では落胆ムードが漂っていますが、TPP離脱とamazon等を介した輸出。これらは何か関係あるのでしょうか。

はっきり言って、「関係なし」

日頃からamazon等を駆使して輸出でお小遣い稼ぎやビジネスを行っている人にとってはアメリカのTPP離脱には関心が高いのではないでしょうか。
ですがこれは輸出に関してはほとんど関係ないでしょう。企業レベルであればいくつか影響が出てくるでしょう。ISD条項やラチェット規定。国際レベルで真剣に考慮しなければならないものですし、それまで掛けられていた関税が低くなる。日本企業にとってチャンスだと思う企業もあれば、逆に農業のように不安な所もあるでしょう。
ですが個人レベルで輸出を行っている人にとっては、はっきり言って何ら関係ありません。amazonでの買い物には何ら影響はありません。

関係あるラインはどこ?

ではどのくらいのレベルであれば関係あるのか。これはamazonを使っている限りは関係ないと言ってよいでしょう。
自分で物を作って輸出するような企業や会社であればTPPは関係があります。関税がかかわってきますからね。ですがamazonで買い物をして輸出なり、あるいは転売を行っている程度であれば何ら影響はないでしょう。
TPPは参加国のGDP比率によって批准出来るのかが決まりますが、これはトリックがあり、アメリカが離脱すれば批准出来ない割合比率となっていますので今後TPPは批准されることはないでしょう。
それだけに、今後も個人レベルでamazonを活用している人にとっては何ら関係ない話です。

まとめ

様々なことに興味を持つことは悪くはありません。TPPは世界の経済バランスを変えるとまで言われていたものですが、トランプ大統領に代わってそれもなくなりました。
今後は二国間での協定となるようですが、そちらの方が関係が出てくるかもしれませんので、個人で輸出入を行っている人もそちらの条約の推移には注意しておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP