海外オークションebay(イーベイ)での転売は可能性がある?

リサーチ

世界最大のオークション、ebay。こちらでの転売は可能なのかと模索している人も多いかと思いますが、ebayで転売を行うのであればとある壁を乗り越えなければなりません。

世界最大級のオークショです

ebayとは世界最大のオークションサイトです。世界最大と謳われているだけに、出品数は半端ではありません。だからこそ参加者もとても多く、まさに圧倒的とも言う程のものとなっているのです。
個人の出品が多いので転売の仕入れ、あるいは転売の売却先としてebayは申し分ないのですが、ebayを活用して転売をと思うのであれば、越えなければならないハードルがあります。

すべて英語表記です…

ebayは世界最大のオークションです。そして、日本の企業が行っているサービスではありません。ebayの親会社はPayPal。そうです、アメリカの会社になります。
そのため、基本的にすべて英語で表記されているのです。英語が理解出来る人・得意な人であればこれ以上魅力的なサイトはないでしょう。
日本で売られていない物も多数出品されていますし、逆に日本だけでしか販売されていない物を高額で販売したりも可能ですが、すべて英語なので英語が出来なければ取引そのものが行えないのです。

英語さえ出来れば最高の環境

英語さえ出来れば市場の魅力はとても大きいです。出品数もとても多いだけに、何かしらの掘り出し物が見つかるでしょう。更に落札者、出品者ともに手厚く保護するシステムが用意されているだけに安心感もあります。
ですが英語。そして外国とのやり取りの場合、送料も少々かかる点も考慮しなければならない現実もありますが、それでも仕入れ先としての魅力は十分です。転売に本気で取り組みたいのであれば、ebayのためだけに英語を覚えても良いでしょう。

まとめ

世界最大のオークションサイトなだけに可能性は無限大なのですが、やはり英語の壁です。英語が喋れないとなると思うように取引が出来ないだけにその点をどのように埋めるかです。
自動翻訳ソフト等を駆使すれば、一攫千金も決して不可能ではありませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!