転売のブログは参考になるの?

非常に興味深い事例「有在庫あがりの人は無在庫に馴染めない」

転売をと思った時、他人の転売活動もまた、気になるものなのではないでしょうか。
特にブログです。転売の活動ブログ等は転売の参考になる部分も多いのではないかと思っている人もいるでしょう。

実際参考になるのかという部分

実際の所、ブログは参考になるのかと言えば少々眉唾ものです。なぜなら、ブログには証拠がありません。画像を掲載しているからといって果たしてその画像が本当にブログを開設している人間のものなのかは分かりません。
また、ブログで転売のことを書いていると思っていろいろと見ていたらリンクが張れており、結局は情報商材の一環だった…なんてケースもあります。
当然ですがそのようなブログは真実を掲載しているのではなく、情報商材を売るために「これだけ情報商材のおかげで儲けていますよ」というアピールでしかありません。

参考になるブログもある

つまり、情報商材へのリンクが張られていないような転売ブログは参考になる部分も多いと言えるでしょう。どこで仕入れたのかやどのように販売しているのかなど、ノウハウを知れるブログもあります。
ですが、すべて真似すれば成功出来る保証はありません。善意でブログを行っている人も、大切な部分はボカしていたり、本当にコツになる部分は触れていなかったリ。
ブログの見様見真似で転売を行うのではなく、あくまでも参考程度にとどめておくのが無難でしょう。

コンタクトを取ってみるのも手

善意でブログを行っている転売人の中には直接メール等を送るといろいろとレクチャーしてくれる人もいます。そこでブログの信憑性を図ったり、あるいは方法論を聞くのも良いでしょう。
誰が見ているか分からないブログには書けないものの、一対一であれば教えてくれる人もいます。

まとめ

転売のブログはあくまでも参考程度にとどめておくべきでしょう。
仮にですが見様見真似で行って利益にならなかったとしても、決してブログの作成者が責任を取ってくれる訳ではありません。あくまでも自己責任である以上、自分なりにいろいろと考えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!