amazonの輸出と運送業者の人手不足は関係あるのか

近年我が国を襲っているのが人手不足。少子高齢化はどの業界に於いても顕著ですが、amazonも例外ではありません。そしてその問題は輸出に関係あるのか

輸出よりも輸入の方が大変かもしれません

結論から言えば、輸出に関してはそこまで気にするような問題ではありません。我が国同様、少子高齢化に悩まされている国もありますが我が国程深刻な国はそうそうありません。
更には輸出の場合、国内の運送業者は関係ありません。輸入であれば最終的には国内の運送業者を利用しなければなりませんので無関係ではないでしょう。
ですが輸出の場合、国内の運送業者を利用する必要もありませんのでそこまで関係ありません。

今後は分かりません

但し、今後に関しては分かりません。なぜならamazonがどのようなビジネスを確立するか未知数だからです。
我が国ではヤマト運輸がamazonから撤退する動きを見せています。既に佐川急便が撤退していることを考えると、amazonはお急ぎ便など、運送会社を無視したサービスを根本的に見直さなければなりません。
ヤマト運輸や佐川急便といった全国にインフラを持つ運送会社の協力を得なければamazonの現在のサービスは行えないのです。
その両社から「NO」を突き付けられる…。普通に考えたら苦境に立たされたと思うでしょう。ですがamazonはこれまでも我々の常識を打ち破るかのようなサービスを繰り出し、業界はおろか社会インフラと言っても決して過言ではない程の地位を確立したのです。
運送業者を必要とせず、それでいてすぐに消費者の手元に届けるような何かを考える可能性は高いでしょう。

まとめ

amazonを取り巻く環境は日本的な視線で考えると厳しいでしょう。ですがamazonはこれまでも日本の常識では考えられないようなことをしてきたのです。
運送業者を含め、輸出はもちろんですが輸入に関しても今後も我々に便利なサービスを展開してくれるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP