インターネットを活用しない転売は可能か

転売が簡単になったのはいわばインターネットがあるからこそですが、ではインターネットを行わない活動は可能なのでしょうか?

不可能ではないものの…

結論から言えば不可能ではありません。ですがインターネットのおかげで転売が簡単になっているだけに、インターネットを使わない転売は自分自身の足を使い、時間を使わなければなりませんので大変です。
例えばですが仕入れる物は自分の足で探さなければなりません。インターネットであればすぐにでも簡単に探せるでしょう。ですが自分の足でとなると、そもそもお店を探す手間もかかりますし、お店に行ったとしても目当ての物があるかどうかは分かりません。
それだけに、不可能ではありません。ですが、手間はかかります。

思わぬ掘り出し物の可能性

一方では思わぬ掘り出し物がある可能性があります。なぜならまだまだすべてのお店がインターネットにてホームページを開設している訳ではありません。
つまり、そのようなお店はインターネットでのみ転売活動を行っている人はどうしてもチェック出来ませんので、実際に足を運んだ人間しか購入出来ないのです。もちろんそれが必ず転売で利益をあげられるとは限りませんが、「他には無いもの」であるものは事実です。
利益云々抜きに「インターネットでしか転売を行っていない人」は入手出来ないものを入手出来ますので、見ている人間にインパクトを与えることが出来るかもしれません。

まとめ

転売には保証などありません。そのため、利益になるかどうかは分かりません。ですがライバルが手に入れられない物を入手出来るのも事実。
インターネットを頼った転売の方が効率は良いのですが、転売に力を入れ、ライバルたちに差をつけるためには、時には自分の足でいろいろと探してみるのも良いかもしれません。
思わぬ形で利益になる可能性もあるだけに、決して無駄にはならないはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!