卸ショップを活用した転売は可能か?

ネットショップを行う際の強い味方が卸ショップです。いわゆる卸売り価格にて仕入れが可能ですし、決してネットショップを営業していなければ利用出来ないものではないだけに、転売でも活用出来るのではないかと考えている人も多いようですが、実際の所卸ショップは活用出来るのでしょうか。

安いのは事実ですが…

卸ショップでは安く仕入れることが出来ます。ここで仕入れてネットショップで売却する。ある意味転売ではあるのですが、実際個人で転売を行おうと思った時、卸ショップはそこまで大きな力にはなってくれません。
まず、限定物ではないだけに、他でも購入出来るからです。なぜ転売で利益を得られるのかといえば、需要と供給に於いて需要の方が高い物だからです。
数が少ないのであれば「お金を出してでも欲しい」という気持ちになるからです。それがより高額に繋がるのですが、卸ショップで扱っている物は基本的には限定品ではありません。
悪く言ってしまえば、探せばどこにでもあるものです。
それだけに、売ろうと思ったら同じ商品を販売している業者といわば価格競争を行わなければなりません。価格競争とは販売価格を下げることですが、言い換えれば利益を削ることです。

戦略としてであればありかも

利益を求めるのではなく、戦略の一環として卸ショップを活用するのであればありです。例えば卸ショップで仕入れたものを激安で転売する。
利益は最低限に設定。「意味あるの?」と思うかもしれませんが、それを一種の宣伝効果と割り切るのです。他よりも安い物が販売されているとあれば注目も増えるでしょう。
それにより、本当に売りたい物を見てもらったり…といった方法は可能ですが、個人で転売するとなればこの手法は使えないだけに、卸ショップは個人の転売屋にとってはそこまで旨味のある存在ではないでしょう。

まとめ

もちろんこれらは一般論になりますので、例えば卸ショップが売れないからと投げ売りしてくれるものが時間と共に思わぬ価格で転売出来る可能性もあります。
卸ショップ云々というよりもこちらも目利きの問題ではありますが、現実的にはそこまで汎用性の高い存在ではありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. ナビゲーターの紙直樹です。まず最初に大事なご案内========…
  3. ナビゲーターの紙直樹です。日中、非常に大切なお話を…
  4. ナビゲーターの紙直樹です。昨日はLIVE WEBセミ…
  5. 紙です!==================…
  6. ナビゲーターの紙直樹です。昨日20時より、第3話…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP