メルカリでの転売は可能なのか?

落札手数料引き上げなど何かとユーザーへの改悪が目立つヤフオクの隙間を縫うかのように人気を集めるようになったメルカリ。
若年層に関してはメルカリユーザーの方が多いとも言われている程人気なのですが、メルカリには転売の可能性が大きく秘められています。

業者がいないので掘り出し物が多い

ヤフオクを見ると分かるのですが、大半が業者です。「オークション」とは名ばかりでオークション形式なだけでほぼお店ばかり。
検索オプションでストアからの出品を覗くと商品数が激減するほど。ですがメルカリはユーザーが基本的に個人です。個人が様々な物を出品しているだけに、相場が読みづらいのです。
出品者側とてどれくらいになるのか分かっていないだけに、思わぬ価格で入手出来るものもあります。安価で入手して高く売る。メルカリにはその可能性が秘められています。

狙い目はメルカリアッテ?

メルカリにはメルカリアッテと呼ばれる、直接交渉するタイプの物もあるのですが、こちらもまた、転売に活用出来ます。
なぜなら、メルカリアッテの場合、売りたいのではなく処分したいというニーズがとても多いのです。引っ越すので代わりに引き取ってもらいたい。処分するくらいなら誰か引き取ってくれないか…。
このような出品がとても多いので、オークションよりも相場が決まっていないのです。つまり、こちらも思わぬ形で安く入手出来るのです。特に引越しの場合、処分が目的なので無料で良いから取りに来てもらいたいとする出品者も多いのです。無料で引き取った物を有料で売る。転売での利益が保証されていると言っても過言ではありません。

まとめ

メルカリはヤフオクよりもより個人の出品が目立ちます。それだけに、探せば掘り出し物が多々ありますので、転売の可能性を広げてくれます。
根気も必要ではありますが、裏を返せば根気さえ出せば多大な転売益を期待出来ますので、まずはどのような物が出品されているのかチェックしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!