amazon(アマゾン)で儲けるのはスマートフォンだけで可能?

セラー評価基準を下回ってしまった場合

スマートフォンだけで何もかも出来る時代になってきましたが、amazonを活用した輸出等はスマートフォンだけで可能でしょうか?

決して不可能ではない

結論から言えば決して不可能ではありません。ガラケーとパソコンではスペックに大きな差がありました。ですがスマートフォンとパソコンではスペックの差はほとんどありません。
ハイエンドのスマートフォンであれば廉価版のパソコンよりもハイスペックです。そのため、スマートフォンさえあれば十分だろう…と思う人もいるかもしれません。
ですがスペックよりも、やはり出来ればパソコンを使った方が良いでしょう。

操作性やケアレスミスの問題にマルチタスク

スマートフォンだけで十分という人もいるでしょう。ですが、スマートフォンだけでいろいろと作業するよりもパソコンを使った方が良いでしょう。
パソコンが苦手であればタブレットでも良いでしょう。パソコンでなければ出来ないことそのものは減少していますが、大画面やリンク先の参照、翻訳機能。これらを十分に活用するのであればスマートフォンよりもパソコンの方が断然良いでしょう。
せめてタブレットを用意した方がまだ大画面で出来ますので、スマートフォンだけではなく、それらの端末は用意すべきです。
パソコンの大画面であれば様々なことを同時に出来ます。スマートフォンでもマルチタスクですが、スマートフォンのマルチタスクのように画面を切り替える必要がありませんし、そもそもスマートフォンよりも安価なパソコンとて多いです。

まとめ

スマートフォンは便利です。もはやスマートフォン中心の世の中になっていると言っても決して大げさではありません。
ですがパソコンの方が作業がスムーズになるのも事実です。参考に出来るサイトを開きながらあれこれ操作する…そのようなことも可能なだけに、スマートフォンだけで頑張るよりはロースペックのパソコンで良いので持っておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!