個人輸入は簡単?難しい?利益のコツに迫る

転売といえば個人輸入が良いのではないかと思っている人、多いのではないでしょうか。副業感覚で行っているものの多大な利益を得ているという人も珍しくないだけに、自分でも出来るのではないかと思っている人もいるでしょう。
また、本業にしている人もいるのではないでしょうか。ですが、個人輸入にも当然ですがコツが必要になります。

強みを見つける

個人輸入で転売をと考えた時、扱う品目は絞った方が良いでしょう。「好きこそものの上手なれ」という言葉もあるように、好きな物に関しては知識も深いのではないでしょうか。
まったく分からないジャンルよりも自分がある程度興味を持っているジャンルの方が相場も理解出来ますし、どのような層が購入してくれるのかといった細かい部分まで分かるのではないでしょうか。いわば知っている物の方が自分自身も興味を持ちやすいのです。

周囲からの評価も決まってくる

定期的に転売をと考えているのであれば、あれこれイタズラに手を出すよりも、特定ジャンルに強い方が周囲からの評価も定まりやすいです。
利益になりそうなものをとにかく片っ端から輸入して転売する。これでは自分の出品物を見た際、「この人は転売か」「何もポリシーがないのか」になります。
一方、特定のジャンルだけに特化している場合「その業者なのかも」との印象を与えられますし、信頼や実績ともに「この人が出しているものであれば間違いないだろう」と思われるようになります。
特定ジャンルだけを出していた方が、より専門性が高まります。結果、顧客もマニア化し、良いものであれば高くても良いので購入するというスタンスの人も増えてくるのです。

まとめ

転売の際、利益を求めるのは当然ですが、どのような形で利益を求めるのかもまた、大切な部分です。節操なく様々な物に手を出すよりも、自分自身の興味のあるジャンルを見つけ「このジャンルなら負けない」「このジャンルなら自分を頼ってもらいたい」と思えるようになると、自ずと利益も付いてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!