個人輸入は簡単?難しい?利益のコツに迫る

転売といえば個人輸入が良いのではないかと思っている人、多いのではないでしょうか。副業感覚で行っているものの多大な利益を得ているという人も珍しくないだけに、自分でも出来るのではないかと思っている人もいるでしょう。
また、本業にしている人もいるのではないでしょうか。ですが、個人輸入にも当然ですがコツが必要になります。

強みを見つける

個人輸入で転売をと考えた時、扱う品目は絞った方が良いでしょう。「好きこそものの上手なれ」という言葉もあるように、好きな物に関しては知識も深いのではないでしょうか。
まったく分からないジャンルよりも自分がある程度興味を持っているジャンルの方が相場も理解出来ますし、どのような層が購入してくれるのかといった細かい部分まで分かるのではないでしょうか。いわば知っている物の方が自分自身も興味を持ちやすいのです。

周囲からの評価も決まってくる

定期的に転売をと考えているのであれば、あれこれイタズラに手を出すよりも、特定ジャンルに強い方が周囲からの評価も定まりやすいです。
利益になりそうなものをとにかく片っ端から輸入して転売する。これでは自分の出品物を見た際、「この人は転売か」「何もポリシーがないのか」になります。
一方、特定のジャンルだけに特化している場合「その業者なのかも」との印象を与えられますし、信頼や実績ともに「この人が出しているものであれば間違いないだろう」と思われるようになります。
特定ジャンルだけを出していた方が、より専門性が高まります。結果、顧客もマニア化し、良いものであれば高くても良いので購入するというスタンスの人も増えてくるのです。

まとめ

転売の際、利益を求めるのは当然ですが、どのような形で利益を求めるのかもまた、大切な部分です。節操なく様々な物に手を出すよりも、自分自身の興味のあるジャンルを見つけ「このジャンルなら負けない」「このジャンルなら自分を頼ってもらいたい」と思えるようになると、自ずと利益も付いてくるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. ナビゲーターの紙直樹です。昨日20時より、第3話…
  3. 紙です!==================…
  4. ナビゲーターの紙直樹です。■現在公開中の動画==…
  5. ナビゲーターの紙直樹です。■現在公開中の動画==…
  6. 紙です!18時からプレゼントしております&n…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…
PAGE TOP