楽天を活用した輸出は可能なのか

国内大手インターネットショッピングモール、楽天。何となく利用している人も多いかと思いますが、楽天で仕入れて輸出。このビジネスモデルは成功するのでしょうか?

転売の肝は目利き

まず大前提として、輸入にせよ輸出にせよ広い意味では転売になるかと思いますが転売で何より大切なのは目利きです。「どこで仕入れるか」「どこを活用するか」も決して無意味とは言いませんが、それ以上に大切なのは需要と供給を上手く付かなければならない点にあるのです。更にはそこで利益を得る。理屈にすると少々難しいのですが、この点は最低限意識しておかなければならない部分です。それだけに転売は難しいのです。
楽天は品数も豊富なので、輸出して海外で売れるものを見つけられるかもしれません。ですが決して「物凄く安い」訳ではないだけに、利益を確保するのがとても難しいでしょう。
ネットモールの中では決して安さを売りにしている訳ではない楽天なだけに、利益を得るためには売れる物を見極めるだけではなく、送料等、削る所は削るなど自分自身での工夫も求められるでしょう。

難易度は高い

それらを考えると楽天を活用した輸出は少々難易度が高いです。
決して安い訳ではない商品。品数が多いとはいえ、その中から利益が出る商品を探すとなると骨の折れる作業になるでしょう。
但し、楽天はポイントが加算されますので、額面以外のメリットはあります。仮にですが、楽天スーパーポイントを活用している人であれば仕入れ値と同じ額で売れたとしてもポイント分は利益になります。
ポイントを稼ぐ方法としては悪くはないかもしれませんが…。

まとめ

楽天の商品で輸出をと考えるのは現実的には難しいと言わざるを得ません。
楽天の商品は決して物凄く安い訳ではありませんし、個性的な一点物の商品がある訳ではないだけに、転売のセンスを持っている人でも楽天だけで利益を挙げるのは決して簡単ではないでしょう。
そもそも他にも多々選択肢があるのです。楽天だけにこだわるのではなく、「売れそうな商品があれば楽天を活用する」くらいのスタンスが丁度良いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP