メルカリと輸出の相性は良いのか?

オークションではなく、「フリマ」というスタンスが受けて多くの利用者を誇るのがメルカリですが、メルカリで仕入れて輸入する。この方法は利益をもたらしてくれるのでしょうか?
実際の所に迫るとしましょう。

物によるとしか言えません。

メルカリ云々ではなく、結局は「物による」としか言えないでしょう。良い物であれば売れるでしょう。利益も得られるかもしれませんが、売れない物もあるでしょう。その点はメルカリ云々ではなく、転売や輸出入の常識です。
但し、それでも相性はあまり良いとは言えないでしょう。
なぜならメルカリに出品されているものは基本的には使用品が多いです。そして世界が「Made IN JAPAN」に求めているのは品質です。自動車の様に耐久性のあるものであれば中古でも良いでしょう。
ですが中古ならニーズがなくなるものもあります。例えば日用品であれば、そもそも中古という考え方がおかしいでしょう。使いかけの日用品を欲しいと思う人がいるのかという話ですね。

チャンスがない訳ではない

但し、チャンスがない訳ではありません。メルカリには掘り出し物もあります。例えば箪笥に眠っている使っていない物などです。未使用のものであれば輸出で利益を得られる可能性もあります。
中古の場合、自動車や自転車であればまだしも消耗品はさすがに外国でもなかなか捌けませんが、未使用であれば売れるかもしれません。
また、日用品以外の物も多数出ていますので、メルカリだけに頼るのではなく、仕入先の一つとして考えるのであれば決して悪い選択肢ではありません。

まとめ

元も子もないかもしれませんが、メルカリ云々ではなく、目利き次第ではありますが、メルカリの特性を考えると未使用の物はいわば珍しいので倍率も高いです。
それだけに、そもそも自分が入手出来るのかという問題もあるでしょう。それでも決して「不可能」ではありませんので、適度にチェックし、良い物があれば入手してみるというスタンスが丁度良いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!昨日18時に配信開始しました、紙直樹…
  6. まとめ
    紙です!昨日18時に配信開始しました、紙直樹…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です。昨日配信した「大切なお話」はもう見ていた…
  3. 紙です。昨日配信しました下記、今クリック数を見て…
  4. 紙です。この記事、ちょっと長いですが、「自分…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================…
PAGE TOP