ebayで転売で利益を得るためには

日本だけではなく、世界規模のマーケットプレイス、ebay。転売をするのであればこちらが良いとされています。
日本語ではなく、英語が必要になるのですが、それでも転売で利益を得ている人が多いebay。初心者であっても比較的転売益を出しやすいと言われていますが、転売の利益を確実なものにするためには何が必要なのかに迫りましょう。

英語を理解する

いわばこれだけです。それが何より難しいのではないかと感じている人も多いかと思いますが、実際の所、そこまで難しいものではありません。
なぜなら現地で英語を駆使して交渉しなければならない訳ではありません。翻訳ソフト・ツールも多々ある時代ですし、取引にて使われる英単語は限られています。
日常的な会話ではないだけに、「英語を理解する」と言ってもハードルは決して高くはないのです。

どのような商品が利益になりやすいのか

どのような商品が利益になりやすいのかといえば、ズバリ「日本で売られていない物」です。日本で売られている物の場合、購入する側としても「見たことある」「どこにでもあるのではないか」という心理が働きます。
一方、見たことがない物ですと「今逃したら買えないのではないか」という気持ちになります。特に我が国では西欧文化への啓蒙が強く、「外国で認められているものこそ良いもの」だとの考えがありますので、「日本で見たことがない外国製品」は潜在的に多くの人が気になるものなのです。
それだけに、国内で見かけたことがない。でも素晴らしいし安全。このような商品は転売で大きな利益を上げられるでしょう。それらを探すためにはある程度の手間をかけるのは当然です。
どのカテゴリーにもまだまだ日本国内で見かけないような物は多々ありますので、模索してみると良いでしょう。

まとめ

ebayは英語の壁があるにせよ、その壁は今の時代であれば決して高くはありません。日本国内で見かけないものを見つけられれば、文字通り「金脈」になる可能性もあります。
「英語」「輸入」といった点からハードルの高いものだと感じ、自分には無理だろうと思う人も多いかもしれませんが、それレは今の時代ハードルが高くはありませんし、ハードルが高いと思って手を付けていない人がいるからこそお金になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!