輸入してAmazon(アマゾン)で売る。このスタイルこそ定番

Amazonスライド

輸入したものを売る。インターネットを活用すればその選択肢は様々ですが、やはり頼りになるのはAmazonです。なぜそれが「定番」と言える程なのか検証してみるとしましょう。

Amazonの利用者

Amazonは日本だけではなく、世界中に利用者がいる、通販の大手です。日本ではAmazonのおかげで様々な変化が生じています。例えばAmazonのおかげで運送業者は悲鳴を上げることになってしまいました。
また、Amazonの方が断然安いので「お店で現物を見て、購入はAmazonで」という人も多いのではないでしょうか。日本の消費構造そのものに大きな変化を与えたと言っても過言ではないAmazon。
それは、言い換えれば利用者が多いからこそです。Amazonで物を売る。それは、「多くの利用者がいるネットショッピングモールで売る」を意味していますので、自分の物が売れる可能性が高まります。

Amazonの利点

Amazonの利点は利用者の多さももちろんですが、自分自身で条件を設定出来る点にあります。値段はもちろんですが在庫の数や配送など、細かい部分まで案外設定出来ます。
また、あくまでも「商品」として販売しますので、売れる値段が分かっています。オークションであればいくらで売れるのか分かりません。ですがAmazonであれば売れる額が分かっていますので、後になって「もっと高く売れればな…」と悔やむようなこともありません。
いきなりすぐには売れないとしても、待っていればいずれ売れるかもしれません。このような点はAmazonだからこそのメリットと言っても良いでしょう。

まとめ

Amazonには「多くの利用者」という何よりの利点があります。物を売るためには、まず物を知ってもらわなければなりません。様々な企業が広告のためにお金を使っているのはそのためですが、Amazonであれば自分の商品目当てではなくとも、類似品を探している人の目に触れるかもしれないのです。
いわば宣伝や広告を考慮しなくても良いだけに、初心者にとってはやりやすいプラットフォームなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!