輸出をと思ったら関税も知っておかなければなりません

グローバル化が叫ばれている一方で、近年アメリカ大統領に就任したトランプ氏のように自国を大切にしようとしてる国も多数あります。
日本とて例えば農業の輸入に関しては関税をかけています。安い物だけではなく、自国産業の保護という観点も国にとってとても大切なことだからに他ならないのですが、つまりは輸出して儲けようと思った時、関税のことも考慮しなければならないのです。

自動車の輸出は儲けやすい?

例えば自動車。日本の自動車は質が高く、更には耐久年数も長いので発展途上国に人気です。輸出で利益を得ている業者や個人も珍しくないのですが、どの国相手にも輸出出来ると思ったら大間違いです。
近年新興国では自動車の需要が高まっていますので、輸出すれば簡単に利益を得られるのではないかと思っている人も多いのですが、基本的に自動車の場合、輸入関税が80%かかります。更には地方税、物品税付加価値税。これらがかかりますので、信じられない話かもしれませんが、日本で200万円台で販売されているクルマはタイでは1,000万円以上で販売されています。
こちらから見た輸出は、相手にとって輸入です。関税の高さのおかげでそのくらいで販売しなければ利益にならないのです。
転売の基本は需要と供給で成り立っているのですが、輸出に関しては仮に需要と供給がマッチしているビジネスであってもそこに関税がかけられます。気を付けましょう。

もちろん輸入にも関税はあります

これは輸出に限った話ではありません。日本国内で海をまたいで転売する際、関税を意識するような物はなかなかないのですが、関税がかけられるものもあるのです。
http://www.customs.go.jp/tariff/2017_1/index.htmには関税に関する税率が掲載されていますので転売の際、海をまたいで輸出入をと考えているのであればこの点も把握しておいた方が良いでしょう。

まとめ

国内の転売であれば関税を意識する必要はありませんが、海をまたいだ転売、つまりは輸出入を行う場合にはどうしても関税がかかわってきます。
当たり前ですが、しっかりと意識しておくべきものであることは言うまでもありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です。号外広告の配信です。…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です。号外広告の配信です。…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP