ゲームソフトの転売を狙うなら?

ゲームソフトの転売。一昔前であればそのようなことは成功するものではありませんでしたが、実は「とあるもの」のおかげで転売が狙えるアイテムです。

スマートフォンのアプリよりも…

ゲーム業界そのものはスマートフォンのアプリの登場により、壊滅的な打撃を受けていると言っても良いでしょう。
販売本数を見てもかつてとは比べものにならないレベルで落ち込んでいます。それだけに、ゲーム市場が冷え込んでいるので転売など無理だろう…と思っている人も多いようですが、そこにはまた違った事情があるのです。

CDと同じ理屈です

簡単に言えばCDと同じ理屈です。CDはもはや聞くためのものではなく、コレクターズアイテムとなりました。CDそのものではなく、そこに付帯されているアイテムに価値があるもので、決してCDそのものに価値がある訳ではありませんが、ゲームソフトも同じ状況となりつつあります。
特にマニア層に向けて限定バージョンはとても多くリリースされています。熱烈なファンを抱えている作品であれば転売することも出来るでしょう。
特に海外でも人気があるような物であれば、需要も高まりますので、転売での利益率も高くなるのです。

入手経路は?

しかもそれらの入手経路もまた、いわば「早い者勝ち」ですので特別な申し込みではなく、単純に速く手を付ければ購入出来るものが多いのです。
そのため、人気のゲームソフトや付帯品が多々あるようなゲームソフトであれば転売を狙ってみるのも決して悪くはありません。仮にですが、入手出来ないとしてもリスクにはなりませんしね。

まとめ

ゲームソフトと言えば楽しむための物…というのはもはや昔の話なのかもしれません。
パッケージ版とオンライン版が両方リリースされる物もあり、ゲームそのものを楽しみたいだけであればダウンロードで良いのです。だからこそ、パッケージ版の限定品ともなれば転売での利益を狙えるのです。何せ市場は「マニアだけ」と言っても良いのですから。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP