転売するならメルカリよりもメルカリアッテ?

転売の定番ツールとも言うべきメルカリ。とても役立つのは今更説明するまでもない有用なツールですが、メルカリよりもメルカリアッテの方が転売に向いている理由がります。

メルカリアッテで仕入れる

メルカリアッテとはメルカリと同じ運営のサービスです。メルカリはフリマアプリですが、メルカリアッテも基本的には同じ物。但し、「アッテ」、つまりは「会って」取引するものになります。そうです、顔を合わせての取引になります。
価格交渉はアプリで行い、実際に顔を合わせて引き取ってもらう。これがメルカリアッテなのですが、メルカリアッテは「引き取ってもらう」ため、出品者は配送の手配の面倒がありません。
「自宅まで取りに来てください」「待ち合わせ場所まで来てください」で良いのです。そのため、格安で入手出来るタイミングがあります。

年度末は狙い目

メルカリアッテの出品を見てみると分かるのですが、メルカリアッテにはしばし無料、あるいは格安での出品が見られます。
相場と比べると各段に安い。「壊れているの?」と思うかもしれませんが、そうではないのです。転勤、進学、就職など生活環境の変化から、引越しを余儀なくされている人は、利益目的ではなく、処分目的で出品するのです。
「〇日までに引き取れる方急募」「使わなくなったので引き取ってください」といったように、お金目当てではなく処分目当てでの出品も多いのです。
つまり、それらで仕入れることが出来れば格安で転売出来たとしても利益になります。さすがにメルカリではそのような出品はそうそうありませんので、メルカリアッテだけの特権と言ってよいでしょう。

まとめ

メルカリアッテを上手く活用することで「格安での仕入れ」が可能になります。転売の肝はどれだけ安く仕入れるかにかかっているだけに、無料に近い額で仕入れることが出来れば利益のチャンスも高まります。
メルカリアッテそのものは無料で会員登録も出来ますので、方法論の一つとして活用してみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!