店舗で購入してamazonで売る転売はどうだろう?

実際の店舗で商品を購入しamazonで販売する。このような転売は理屈だけで考えれば難しいと思うかもしれませんが、実際にはそうでもありません。むしろその方法は転売の手法としてはメジャーでもあるのです。

ずばり、セールを狙うのです

実際の店舗よりもインターネットの方が安い。これは多くの人にとっての常識でしょう。ヤマダ電機やヨドバシカメラまで出向いて「ネットでは〇〇円だから」と値下げ交渉しようと思っても残念ながら既に実店舗はネットを競合相手としては見ていないだけに、かつてのような大幅な値引きは無理です。
そのため、インターネットの方が安いというイメージも定着しているのですが、ではなぜ実際の店舗で購入してamazonで売れるのか。そのからくりはタイムセールや決算間近の投げ売り時です。
店舗にはどうしても「在庫」という概念が出てしまいます。amazonであれば倉庫に保管しておくだけで良いのですが、実店舗には倉庫にも限りがあります。いつまでも幅を利かせているような売れない物は処分したいのです。そのため、ネットよりも安い価格で販売するケースもあるのです。
それらを上手く狙い撃ち出来れば転売で利益を出すことも可能です。

決算期や閉店間際が狙い目

ではいつそのような「爆安」のセールを行っているのか。決算前、そして閉店間際。この両者が狙い目です。決算前は何度も何度も訪れるものではありませんが、閉店間際に関しては毎日のように訪れるものです。
それだけに、何を購入するでもなく、閉店間際の家電量販店でタイムセールや価格破壊クラスのセールを行っていないか確認してみるのも良いでしょう。

まとめ

「ネットの方が安い」という不文律。確かに間違いないのですが、実店舗とて決して指を咥えてみているだけではないのです。
更に実店舗の場合、ポイント還元等までありますので、上手く活用すれば実質的な転売益もそれなりのものを見込めるだけに、「ネットの方が安い」という固定観念は持たないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!