ヤフーショッピングによる転売はどうだろう

様々なお店があるヤフーショッピング。大手国内モールなだけあって様々なお店が並んでいるのが分かりますが、ヤフーショッピングと転売の相性はどうでしょうか?

掘り出し物が多い訳ではない

ヤフーショッピングの特徴として、普通のお店よりは少々安いかもしれませんがあくまでも「お店がインターネット上で商売をしている」だけであって、決して掘り出し物がある訳ではありません。
タイムセール等であれば安く購入することも出来るのですが、限定商品ではありませんし、そもそも誰もが簡単に閲覧や購入が出来る以上、転売に向いているような商品はめったにありません。

転売の基本と合っていない

基本的に転売は需要と供給のバランスを考えた時、需要の方が大きい物でなければなかなか成り立たないものです。だからこそ限定商品は転売が行いやすい側面
ヤフーショッピングに置いてある商品は基本的にレギュラー商品であって、期間限定商品ではありません。つまり、いつでも購入出来るものなだけに、転売が難しい側面があるのです。

稀にですが…

ごく稀にではありますが、入荷が少ない物があります。お店によっては少数しか販売しないのですぐに在庫切れになるような物もあります。
その場合、転売で利益をもたらしてくれる可能性もあるのですが、そのためには数あるショップをつぶさにチェックしなければならないだけに、現実的に少々難しい部分があります。
「あのお店はすぐに売り切れる」といった評判や口コミを集めれば転売も可能になるかもしれませんが、そもそも需要があるのかも未知数です。

まとめ

ヤフーショッピングは誰もが利用出来るものですが、出品者は基本的にお店です。掘り出し物はなかなか見当たりませんし、ましてやお店が利益を出るよう価格設定されていますので難しいでしょう。
更には転売をと考えている人は増えています。誰もが簡単に利用出来るサービスで転売益を出せる程甘くはなくなってきていますので残念ながらヤフーショッピングと転売は相性は良くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!