amazonで仕入れて輸出はどうだろう?

日本だけではなく、世界の流通を変えたと言っても決して過言ではないamazon。様々な商品が取り扱われているだけに、中には転売に向いているものもあるでしょう。
国内で安く購入し、輸出する。果たして海を渡るこの転売は利益をもたらしてくれるのでしょうか?

amazonでは安く仕入れられるでしょうが…

amazonであれば安く仕入れられるでしょう。特にカートン、つまりは箱単位での購入も可能なだけに、「大量仕入れ」も可能です。
一方でではどこに売るのかという問題もあります。売る場所を確保出来ているのであれば良いでしょう。ですがこれから新規で開拓するのであれば残念ながら勝算は薄いです。
なぜなら、現地には現地の気質や風習、価値観があります。日本国内での転売であれば販売先は日本人になりますので風習、気質、価値観。これらは各々で微妙に異なるとはいえ、同じ日本人なのであまり意識する必要はありません。
ですが国外でとなると話は別です。どのような人間なのかを考えなければならないのは言うまでもありませんし、為替等も考慮しなければなりません。

逆、つまりはamazonでの輸入の方が良いでしょう

 

輸出にamazonを活用するよりも、輸入でamazonを活用した方が転売には向いています。
amazonは日本だけではなく、世界中で営業されています。アカウントは全世界共通ではないため、その国のamazonのアカウントを取得しなければなりません。
また、表記も当たり前ですが日本語ではありませんので少々面倒ではありますが、外国のamazonには日本のamazonでは見かけないような物が多数あります。転売する人間にとってはまさに宝の山と言っても過言ではないでしょう。
海外のamazonで仕入れた物を国内で売る。この方が輸出よりは利益を上げやすいでしょう。

まとめ

amazonは世界で親しまれているだけに、その国のamazonが用意されています。つまり、いろいろな国のamazonをチェックすることで仕入れ先を多々確保出来ます。
日本では入手出来ないものが多数あるだけに、輸出で頼るよりも輸入でamazonを活用する方が手軽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!