外注化センター(グローバルアウトソーシングデポ)とは?

外注化センター(グローバルアウトソーシングデポ)とは?

紙直樹を代表とした2016年に設立された外注化センターこと

「ジーオーディ(グローバルアウトソーシングデポ)」。

 

「雑務を丸投げできる」という代名詞で

知られる本サービスの詳細を説明。  

 

そもそも輸出ビジネスにおいてやるべきこと

2 誰もが夢見る

「インターネットビジネスでのノマド生活」

「週休7日の生活」

「PC、スマホ1台があれば豊かな生活を送れる」

こんな生活がほしいですよね?

 

輸出ビジネスでは ・アカウント開設 ・リサーチ ・出品 ・受注~出荷 ・顧客対応 ・価格在庫改定 ・リミットアップ

(海外オークションebay(イーベイ)のみ)

(アカウント開設は1回のみだが)

これだけのやることがあります。

 

圧倒的市場規模や還付金、

無在庫販売が可能な部分から非常に人気が高い輸出ビジネスですが。。。  

 

95%の人は5000円稼げないという事実

  3 割とインターネットビジネス界では有名な言葉ですが、この数値は事実です。

では、一体何が原因で多くの人が5000円も稼げずに辞めてしまうのか?

 

それは、「能力がある人が残り、無い人が辞める」ということではなく、

ほとんどの人が ちょっとしたわからないところに躓いてしまい、

また、それが本人にとっては大きな壁に感じてしまい辞めてしまいます。

 

また、多少稼げたとしても、

やはりリサーチの部分で周りに負けてしまって価格競争をせざるを得ない場面

(この辺はリアルビジネスと似てますね。

リアルビジネスでも大型ショッピングセンターが出来て価格でしか勝負できなくなって、

無理して辞める、ということはよくあります)

 

さらに、利益が10万円でも出ると売り上げベースで言うと40~50万円程度は売れているわけですから、

出品作業、受注作業、発送作業などなど、非常に邪魔で、

それ以上伸ばす気力がなくなってしまう人も多いです。

 

なので、実は「稼げない人」「ちょっとしか稼げない人」「継続できない人」の多くの原因は

・ちょっとしたことがわからない

・リサーチする時間がない

 

こういったことがほとんどの原因だったりします。  

 

「外注化」という手法

4 そこでここ1~2年で急速に流行りだしたのが「外注化」です。

いわゆる ・ランサーズ ・クラウドワークス ・@SOHO に代表されるクラウドソーシングサイトを利用して、

在宅の主婦の方を「出品1件30円」など低価格で雇い、 雑務をお任せするという手法です。

 

リサーチや顧客対応といった「難しい仕事」も教育次第で発注可能です。

 

「外注化」は輸出以外でももちろん可能ですが、

なにより「無在庫販売」との相性が非常に良いです。

 

国内転売等で在庫を仕入れるとそれを撮影して出品、商品を保管する、 商品をリサーチする、

などはほぼ外注化は不可能に等しいです。

 

外注化、という言葉は最近では非常にポピュラーで、

僕のところにもかなり問い合わせがきます。

 

みんな「手離れでの収益」がほしいですから、当然と言えば当然。

しかし、、、

 

 

マネンジメント>>>>>>>>>>自分で輸出の売り上げを上げる

7 そう、多くの人がマヒする部分ですが、外注化とはすなわち マネンジメント能力を必要とします。

 

リサーチはある程度型があるのに対して外注化は十人十色。

人は機械ではありませんから、

外注さんのモチベーションを上げ続けなくてはいけないし、

辞めてしまうリスクがあります。

 

さらに、仮にリサーチや顧客対応、出品などを外注化できたとしても、

外注さんからの質問ラッシュに多くの人が悩んでいます。

 

半年、1年スパンで見ると、

単純に雑務の内容が入れ替わるだけで 外注化をしたからって

一気に雑務がなくなるわけではありません。

 

外注化をしたけど結局自分でやる、という人も少なくありません。

中には「自分でリサーチができないから外注さんに」という方も少なくありませんが、

これは大体失敗するパターンです。

 

「できるけどやりたくない」ことを任せるのはオッケーですが。

 

こうして生まれた「いきなり丸投げシステム」外注化センター

7 そこで、僕や当組織の共同運営メンバーで

「どうにかして【外注化を代行する、つまり外注化を外注できる】ようなことはできないだろうか?」 と考えました。

ハッキリ言って僕一人ではできなかったでしょう。

 

それだけのパワーを要しましたが、

・アカウント開設:代行可能

・リサーチ:そもそもリサーチ不要なシステムを開発

・出品:数分で百品単位で出品できるシステムを開発。

 

また、手動が必要な部分は代行可能

・受注~発送:数クリックの作業でエンドユーザーへ

・顧客対応:エキスパート部隊を設置

・価格在庫改定:数クリックの作業で更新

・リミットアップ:完全自動

 

ここまでの事を達成することが現在できるようになりました。

より詳細な説明と利用条件などを知りたい方は下記のページをご覧ください。

 

    >> 詳細はこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!