1. TOP
  2. FMC上半期アカデミー賞にノミネートされました!

FMC上半期アカデミー賞にノミネートされました!

FMC上半期アカデミー賞にノミネートされました!

名称未設定-1

↑期間限定募集解放中!僕のノウハウを詰め込んでます↑

 

紙でございます!

実は事後報告ではあるのですが、昨日僕が所属してるコミュニティFMCで

「上半期最も優秀な成績を残した(伸び率含め)人」が選出され、最終的に投票で

グランプリを決める「FMCアカデミー賞」のメンバーにノミネートされ、そのプレゼンを

行ってきました!!

gateway.php

選出されたメンバーがヤバすぎで

上半期の合計収益が約8000万円とか意味不明な数値の青木たかしさん

書道家でアジア圏内で国に招待されて現地のTVにも出てる坂本幸一先生

副業で上半期3500万円というモンスター前村健輔さん

物販で僕が目標としている最強物販プレーヤー時未来さん

セミナーセールスでいつも儲けてきて、なんでも収益に出来ちゃう神野たつきさん

 

僕からしたら大御所ばっかりじゃん!って感じな訳ですよ。

 

緊張で中々寝れなかったorz

 

実は青木さんはかなり前にもお話したかもですが、僕が輸出始めてすぐの頃

いきなり海外オークションebay(イーベイ)サスペンド食らって、「うわ〜、、どうしましょ〜。。。」ってたまたま相談した方だったんですね。

その時親切に対応いただいて無事サスペンド解除。

輸出の今の実績があるのは青木さんのおかげだったりします。

 

時さんは去年の物販サミットで船原さんや林さん、吉田さんなどと一緒に登壇して

「凄い人たちがいるな〜」と僕は参加者の一人で聞いてる立場でした。

その後も色々なことを教えていただいて、一緒にアメリカに買付にも行ったりしました。

 

その他の方もFMCの前身であるNBGCで既に名を馳せてた方々ばっかりだったので

今年からFMCに入った僕からすると「あこがれの人」だった訳ですよ。

 

そんな方々と同じ舞台で発表できる。

それだけでかなり幸せ(そして緊張とプレッシャー)でした。

 

※一般投票が間もなく始まるようなので、是非清き一票を!

また公開されたらお知らせしますね※

 

僕は上半期の活動を通じて皆様に伝えたい事を発表しました。

結構山有り谷有りで面白いことになってるのでご期待ください!

 

ここから大事な話なんですが、こうやって凄い人たちに紛れる、挑戦するということは非常に重要です。

 

人と違うチャレンジを続けることは楽ではないです。

でも、こういうメンバーと発表をするというのは「そのレベルで発表しなければならない」訳で

自然と基準値が上がります。

 

基準値が上がると、前は難しく感じてた事が簡単に出来ちゃいます。

 

ちょっとした例を。

 

昨日終わった後、小玉さんと発表者+数名で打ち上げがあったんですね。

その2次会、数名でバーに行って色々話をしてました。

 

その中で、「開始3ヶ月目で月収100万やった人がいてね」みたいな話を誰かがした時

僕も含め他のメンバーとやりとりしてた会話が以下

 

「へ〜割と凄いね〜」

「いやいやこのメンバーだから割とだけど普通は凄いから!」

「確かに。笑」

 

基準値高いでしょ?笑

 

FMCは稼いでる金額に関係なくみんな気さくに接してくれるコミュニティなので

僕も別に稼いでる額は気にしてませんが、こういう2次会とかになると自然と意識してる訳ではないんですが

こういう基準値高い人らといることが多くて、出てくる会話一つ一つが基準値高くて楽しい。

 

で、発表者のみんな、ホントにいい人ばっかなんですよね〜。

 

また集まれる日を楽しみにしてます!

 

そしてアカデミー賞は渡さないぜ〜!笑

 

皆さんもこういう基準値高い人らの中に身を置く事、

チャレンジすること、忘れないでくださいね!

 

 

では!



\ SNSでシェアしよう! /

紙直樹オフィシャルブログの注目記事を受け取ろう

FMC上半期アカデミー賞にノミネートされました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

紙直樹オフィシャルブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

NAOKI KAMI

紙 直樹(NAOKI KAMI)

2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。

輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。
今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。

その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。

2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。

2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。

誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!

コメントを残す

*

この人が書いた記事

  • 貿易摩擦と輸入は関係あるのか

  • メルカリと輸出の相性は良いのか?

  • 携帯やスマートフォンの転売は儲かるのか?

  • NO IMAGE

    本気で輸出を行うのであれば言葉の習得も

関連記事

  • 【eBay Amazon輸出】活躍者取組みシェア/Part.56

    【海外オークションebay(イーベイ)Amazon輸出】活躍者取組みシェア/Part.56

  • (未使用)

    Amazon輸出のアカウントが停止になった時の対応、解決、解除方法

  • 【ebay輸出】【リミットアップ交渉】コンバージョン・レイトの影響

    【海外オークションebay(イーベイ) 輸出】【リミットアップ交渉】コンバージョン・レイトの影響

  • 【eBay Amazon輸出】活躍者取組みシェア/Part.8

    【海外オークションebay(イーベイ)Amazon輸出】活躍者取組みシェア/Part.8

  • 【eBay Amazon輸出】活躍者取組みシェア/Part.70

    8月8日に書籍発売予定!

  • ネットビジネスで成功(稼ぐ)ことができない人の特徴5選

    ネットビジネスで成功(稼ぐ)ことができない人の特徴5選