輸出ビジネスの「消費税還付」の落とし穴!

紙でございます!

今日のタイトルはあたかも複雑な税務関連にしてやられた!

的な空気を漂わせてますが、

まあなんのことはない、僕の知識不足でした。。(‘A`)

輸出ビジネスをしてると年1回(3ヶ月スパンでも可能だそうですが)で「消費税還付」というのが受けれますね。

一応簡単に説明しておくと

無在庫でも在庫持ちでも海外に売る為の商品を買い付けるときって確実に

消費税かかるじゃないですか?

でも海外で商品を売る時に税金って特別取ってないですよね?

ということはその先に支払った消費税は手続きすれば還付できる訳です。

ちなみに僕の去年分の還付は数百万で、元々その制度知らなかったので

もう超大喜びだった訳ですよ。(去年この制度を知ったとき)

で、会社も期末になり、その具体的な話を税理士さんと話していて知った当然と言えば当然ですが

「やられた!」という事実。

前に言ったかもですが、僕は去年末から輸入も結構やってる訳で。

コンサルも始めた訳で。

その両方の売上はたった3〜4ヶ月ですが2千万くらいな訳で。

そうすると、その国内で徴収した消費税は当然納めないといけないわけですね。

ホント無知だったんで「消費税還付の手続きをして」消費税還付を受けれると思ってました^^;

そうではなく、「課税事業者」である手続きをすることで消費税還付ができる変わりに

国内売上の消費税は納めよ、と。

結果還付はあるもののそれなりに相殺される結果に。

会社分けときゃ良かった!!!!!!

 

 

 

 

 

 

というようにですね、僕は基本突っ走ってから知る事が多いので

ネタには困らないですが、「大変だ!」って時があります。

守りは大切ですね^^;

今回の事例は超反面教師として皆さんの教訓にしてもらえれば幸いです!!笑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP