海外オークションebay(イーベイ)有在庫販売で独占市場を勝ち取る方法

海外オークションebay(イーベイ)で無在庫販売をしてるけど中々売り上げが伸びない。
そんな時は有在庫販売を視野に入れて考えてみましょう。

有在庫ってリスクが高くて管理が大変なイメージがあって無在庫オンリーって人も多いと思います。
もちろん無在庫販売が最もローリスクで初心者におすすめの販売方法ですが、
すでに中級者の場合は在庫を持ったほうがいい場合もあります。
今回は有在庫でライバルの少ない商品を見つける方法について書いていこうと思います。

有在庫販売が嫌われる理由とやるべき理由

有在庫をやるべき理由
有在庫といえば、仕組み化しにくい・仕入れ代が必要などデメリットばっかりに感じるかもしれません。
それに加えて商品によっては管理がしにくかったり、人によっては家が在庫だらけになって狭いという問題もあります。
これだけでかなり面倒くさそうですが、これらは裏を返せばメリットでもあります。

分かりやすくリスクがあるということは参入してくるバイヤーも少ないわけです。
有在庫というフィールドに立った時点で無在庫よりもかなりライバルが少ない状態で販売することができます。

もちろん無在庫販売よりも難易度は高いですが、上手くやれば高利益で販売できるため、
発送数が減っているのに売り上げが伸びている状態を作ることも可能です。

無在庫で売れている商品を買い占める

お金
一番確実な方法です。
ある程度無在庫販売をしているとなぜか1か月に何個も売れる商品が必ず出てきているはずです。
その商品が売れた時どこで仕入れていますか?

どこでも手に入る商品だと厳しいですが、特定のサイトでしか購入できない商品だったら残りの在庫数を見てみましょう。
残りの在庫が少ない場合思い切って買い占めてしまえばライバルセラーは真似しようがありません。
確実に売れると分かっている商品なのでリスクも少ないですし、こちらで価格を決めることができます。

さらにものによっては価値が上がるまで保存しておくこともできます。
(時間が経つと価値が下がる場合もありますので見極めが必要です。)

今まで無在庫で売れていたものを買い占めて、赤字になることはよほど売り方が下手でなければありません。

有在庫に向いている商材を見つける

有在庫に向いている商材
前述の通り無在庫で売れた商品を仕入れればリスクは少なくて済みますが、これでは商品が売れるのを待たないとなりません。
それ以外で商品を仕入れる場合はこれから説明するリサーチのコツを参考にしてください。

有在庫に向いている商品は、「大手企業と個人がやりたがらない(できない)ことの間を取った商品」です。
何度か動画でも説明しているので覚えている方もいるかもしれません。

例えば大手では出来ないことには、

・プレミア値が付いた商品を別店舗から買う
・多店舗限定商品・在庫処分品の販売
・会社のカラーに傷がつくもの(特典のみの販売など)
・メーカーのルールに沿わない売り方(セット販売など)

などがありますね。
一方、個人がやりたがらないことは、

・店舗限定の商品を押さえる
・在庫処分品(ヤフオクなどで大量購入)の在庫再生
・マニア性が高い物
・セット販売・バラし販売
・メーカー等への交渉

などですね。

大手も個人も効率が悪いことはやりたがりません。
だからこそこの間を取れば市場はスカスカで一人勝ちできるということです。

例えばですが、店舗限定品を買いに行き複数の種類でセットを組んで売る。
ヤフオクの在庫処分品をいったんバラしてセットを組みなおして売る。

など、やり方は商材によっても変わりますが工夫次第で利益率50%くらいなら余裕で越えられます。

店舗限定品を店頭に買いに行けないときは、ヤフオクやフリマアプリなどを見てましょう。
発売日当日はたくさん出品されて価格が崩れている場合もあります。

価格競争も必要

価格競争
有在庫は工夫次第で高利益で販売することができますが、すべての商品を有在庫にするのはおすすめしません。
仕組をしっかり作れるなら有在庫オンリーでもOKですが、自信がなければ無在庫で価格競争もしておきましょう。
無在庫の売り上げがあるからこそ有在庫の仕入れに資金を回すことができるようになります。

また、利益が上がったら仕組み化や次のステップに行くために資金を利用しましょう。
目先の利益ばかりを求めていてはいつまでも仕入れて売っての繰り返しになってしまい自由とはほど遠くなってしまいます。

在庫を上手に回転させる

在庫処分
有在庫販売を始めると売れない在庫が売れ残るという問題が出てきます。
どんなにちゃんリサーチしても多少は出てくる問題なので、残った在庫は定期的に処分しましょう。

基本的には2つの方法で在庫が溜まらないように調節します。

・ある程度薄利でも回転率重視で捌いていく
・高利益(それこそ利益率70%とか)の商品ばかりを扱い、残ったら定価で捌く

どちらの方法にするかは扱う商品や売りやすい方法にしましょう。
面倒に見えるかもしれませんが、
無在庫販売のように価格競争になることがないので面倒臭さで言えば変わらない気がします。

卸交渉してさらに利益を拡大

卸交渉
有在庫販売がある程度回転してきたら、メーカーから卸値で商品を購入することも可能です。
実際僕も、2か月前発売のフィギュアを40~50個予約して発売前に売り切ったということもありました。
もちろん発売されていないのでebayにはほとんど出品されていないのででかなり売りやすいです。
100円ショップの商品を100個仕入れて薄利で回転させまくったときもありました。

あと大量に仕入れたらAmazon FBAに送っておけば勝手に販売して発送してくれるのでかなり楽ですね。
このように卸交渉ができるだけでさらに有在庫の可能性が広がります。

まとめ

まとめ
有在庫販売は一見大変そうではありますが、ライバルが少なく独り勝ち状態で販売することができる方法です。
無在庫販売併用することでより安定した販売ができるようになります。
ebayからの印象も在庫を持っていると良くなりますし、バイヤーにすぐ届けられるので満足度も高いです。
今まで無在庫販売のみだった方は一度有在庫も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP