【海外オークションebay(イーベイ)輸出】Negative/Neutral feedback(ネガティブ/ニュートラルフィードバック)を変更・削除するには。

皆さま、こんにちは! 

今回は、Negative Feedback(ネガティブフィードバック)やNeutral feedback(ニュートラルフィードバック)の取り消し方をご紹介したいと思います。

セラーの皆さまはご存じの事と思いますが、海外オークションebay(イーベイ)では、売買取引が完了後に、セラー(販売者)とバイヤー(購入者)がお互いを評価し合うシステムがあります。その評価のことを、Feedback(フィードバック)といい、3つの種類に分けられます。


Positive feedback(ポジティブフィードバック) =良い評価

Neutral feedback(ニュートラルフィードバック) =普通の評価

Negative feedback(ネガティブフィードバック)=悪い評価


2月のセラースタンダード判断基準の変更により、バイヤーの個人的な意見によるFeedback(フィードバック)はDefect Rate(ディフェクトレート)に反映されなくなりましたが、Negative feedback(ネガティブフィードバック)やNeutral feedback(ニュートラルフィードバック)をもらってしまうと、バイヤーへの(購入者)印象が悪くなり購入率が下がったりと、今後の販売に大きく影響がでます。出来るだけこの評価をもらわないように努力することが必要です。

(☆2016年2月からのセラーエバリュエーションの新基準はこちらの記事をご覧ください。http://www.limit-up-translation.com/#!eBay(海外オークションebay(イーベイ))のセラー・スタンダードが変わりますね!/q60rh/569926760cf263fc5a8e0e54)


とはいっても、トラブルがあったり、中には理不尽なバイヤーもいます。もし、Negative feedback(ネガティブフィードバック)やNeutral feedback(ニュートラルフィードバック)をもらってしまった場合は、セラーに明らかに非がない場合、以下の方法で取り消してもらうことが出来ます。


①バイヤーと連絡をとって問題解決をする。
(例)販売した商品に不備があった場合は、新しい商品や代替え品を送る。もしくは、速やかに返品返金作業をするなど。


②海外オークションebay(イーベイ)の「Request Feedback revision」より、Feedback (フィードバック)変更依頼をする。


それでも解決に至らなかった場合は、

③海外オークションebay(イーベイ)に電話をして直接 Negative feedback(ネガティブフィードバック)やNeutral feedback(ニュートラルフィードバック)の削除を依頼する。



Negative feedback(ネガティブフィードバック)や Neutral feedback(ニュートラルフィードバック)をもらっても、セラーに非がない場合はFeedbackを削除してもらうことが出来ます。実際に今まで海外オークションebay(イーベイ)と交渉し削除してもらった事例がたくさんありますので、「変更や削除は無理かな?」と思った方も、ぜひ一度お試しください。

お電話での交渉が必要な場合も3者通話通訳でサポート出来ますので、お気軽にお問い合わせください!

92.78%が収益を得た輸出副業、独立7日間無料講座

http://naoka01.info/exporter.html

情報発信、アフィリエイトメルマガ
https://canyon-ex.jp/fx6975/556533

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP