海外オークションebay(イーベイ)・amazon輸出 受注商品が欠品(在庫切れ)してしまった時

リミットアップでたらい回し!&ドイツストライキで出荷遅延!
blogb

↑期間限定公開中!登録はお早めに↑

 

紙です。

たまにはケーススタディ的な記事も書きます。笑

在庫管理ツールとか使っていても、やはり万能ではなく原因不明の欠品が出る事はありますね。

弊社も独自の出品/在庫管理ツールを使用してますが、

やはり時々出てしまいます。

 

原因を潰して行くと徐々に減ってはきますが100%ではないですね〜。

 

で、欠品してしまった時の対処法として

一番最終的に無難に終わるのが「代替案の提示」です。

 

「すいません。返金で」でも大体80〜90%くらいの人は納得してくれますが、

僕の体感統計的に

 

・すいません、返金で。=10〜20%は怒るorネガティブフィードバック

・代わりにこちらの商品を送ろうと思いますor返金、両方提示=3〜7%は怒るorネガティブフィードバック

・代わりにこちらの商品を送ろうと思います + 返金=1〜2%(以下略)

 

って感じですね。

 

まあ大体ですが。

 

さらに言うと、ハッタリでもいいので「やむを得ない事情を付けて」欠品連絡するのと

単純に「ミス」というのとではそれも結果に差が出てきます。

 

また、やはり海外の人もどれだけ「誠意」見せれるかが鍵なので、

実は代替商品がどうのこうのというよりも「それだけ一生懸命考えた」という姿勢が大事な気がしますね。

 

昨年は在庫管理一切してなかったんで「欠品チャンピオン」でしたが、

まあそれでもアカウントも死ぬことなくやれてこれたのはこういう工夫な気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!